SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

新機能: SORACOM Canal API, Soracom-cli, Session Events の提供を開始しました

本日(4月6日)、以下の3つの新機能を発表しました。 いずれも本日より使用可能です。

  • SORACOM Canal の API を公開し、Public Beta として提供します。
  • soracom-cli を公開しました。
  • セッションイベントのログを確認できるようになりました。

SORACOM Canal

SORACOM Canal を利用するための API(VPG 作成、設定変更、削除) を公開しました。 今まで、SORACOM Canal をご利用いただくには、以下のように当社まで申請が必要でした。

  • SORACOM Canal Limited Previewへのお申込
  • ソラコム側で Canal の設定を行い、お客様に接続情報をご連絡
  • お客様で、 接続設定を実施

時間と手間がかかっていましたが、今後はAPIを使用することで、ソラコムに申請することなく、お客様自身で Canal の利用を始めることができます。

これに合わせて、SORACOM Canal は、Limited Preview から SORACOM ユーザーであればどなたでもご利用いただける Public Bata サービスとして提供いたします。

SORACOM Canal の API は開発者向けサイト SORACOM API リファレンスをご確認ください。

soracom-cli

soracom-cli を新たに公開いたしました。soracom-cli の特徴は以下のとおりです。

  • Go 言語で実装しています。
    • このため、Windows, Mac, Linux (x86_64, x86, ARM) 複数環境向けにバイナリをビルドしています。
    • 実行形式ファイルをコピーするのみで使用することができます。
  • API 定義ファイルからの自動生成
    • OpenAPI Initiative(旧 Swagger)フォーマットの定義ファイルを読み込み、全ての API に対応するサブコマンドを自動生成 → これにより、今後、新しい API が公開された際にも、これに合わせて、迅速にCLIをご提供できることが見込まれます。

これまでも、SORACOM SDK for Ruby としてコマンドライン・インターフェース(CLI、soraomコマンド)をご利用いただくことは可能でしたが、新たに別のツールとして提供いたします。

当 CLI は、API に対して 1:1 でサブコマンドが定義されています。また、POST する API の場合、Body 部分はいくつかの方法で指定することができます。

例えば、以下の API を CLI から呼び出します。

1
API: POST /v1/subscribers/44010xxxxxxxx/update_speed_class

Body 部分は以下のように指定することができます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
   # JSON のフィールドを直接指定
   $ soracom subscribers update_speed_class --imsi 44010xxxxxxxxxx \
    --speed-class=“s1.fast”

   # JSON 文字列で指定
   $ soracom subscribers update_speed_class --imsi 44010xxxxxxxxxx \
    --body=“$(jo speedClass=s1.fast)”

   # ファイルで指定
   $ soracom subscribers update_speed_class --imsi 44010xxxxxxxxxx \
    --body=@newspeedclass.json

   # 標準入力から読み込み
   $ jo speedClass=s1.fast | soracom subscribers update_speed_class \
   --imsi 44010xxxxxxxx --body -

soracom-cli は本日よりお使いいただけます! Githubページ

セッションイベントのログ

SORACOM Air の SIM のセッションイベントのログ(オンライン、オフラインなど)を API、SORACOM ユーザーコンソールから確認できるようになりました。 以下を確認することができます。

  • ご使用の SIM のオンライン/オフラインとなった時間
  • ご使用の SIM のセッションが更新された時間
    • 場所の移動等でセッションは更新されます
  • ご使用の SIM が利用している端末(IMEI)

これまでも、API もしくはコンソールから現時点でのオンライン、オフラインの状態を確認することはできましたが、多くのお客様から、ログ(履歴)を確認したいというご要望をいただいていました。 今回、このご要望にお応えすることができました。

セッションイベントのログはユーザーコンソールの「SIM 詳細」から「セッション履歴」で確認することができます。

session events

今回の新機能は、いずれも SORACOM をお使いのお客様からいただいたご要望をもとにしております。 お客様からいただいたご要望を提供することができ、とてもうれしく思っています。

今後ともお客様のご要望をもとに、機能、サービスを拡張しますので、フィードバックをいただければ幸いです!

ソラコム 江木典之 (Twitter: @NoriyukiEgi)