SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

新機能:SIMの状態に「利用中断中」を追加しました

[日本語版] 本日、SORACOM Air の新機能として「サスペンドSIM」の提供を開始しました。 当機能では、Air SIM を「利用中断中」の状態にすることができます。

「利用中断中」状態の SIM は、基本料金がデータ通信SIMの場合で 50%OFF となります。これまで使用開始後の基本料金は、データ通信の有無にかかわらず解約するまでは、1 日 10 円(税別・データ通信のみ)、1 日 15 円(税別・データ通信/SMS)となっていました。「利用中断中」状態にすることで、それぞれ 5円、10円となります。 さらに、いつでもデータ通信利用可能な状態に変更することができます。

多くのお客様からフィードバックをいただく中で、IoT デバイスが必ずしも一年を通じて常時接続するわけではなく、特定の時期のみ使用するような用途がありました。 例えば、スキー場のロッカーとリフトは、冬のみ稼働する場合がほとんどです。また、農業モニターと散水システムでは、春や夏のみ稼働します。 このように、通信が必要とされていない場合に「利用中断中」とすることにより、コストを抑えることができます。

なお、「利用中断中」状態への変更 1 回につき、SIM 1 枚あたり 300円の設定変更料金が発生します。(データ通信SIMの場合、60日間よりも長く中断する場合にコストメリットがあります。)

また、今回ユーザーコンソールに多くの改善を行っております。 「SIM 管理」画面で、SIMの状態によるフィルタリングを改善しています。また、請求書払いからクレジットカード払いに戻すことができます。その他、UIの改善をおこなっています。 お客様からのフィードバックにより、改善できたことを感謝しています。

今後ともお客様がコストを節約できるよう努めていきます。

ソラコム Mason Mark


[English version] Today the SORACOM user console has been updated with a new SIM-management feature: Suspend SIM. This feature allows putting SIMs in a new “suspended” status when they aren’t expected to be used for an extended period of time. While suspended, the daily maintenance fee for each SIM is reduced by 50%, to JPY 5 per day. However, the SIMs stay ready to return to active duty at any time.

SORACOM’s motto is “connecting all the people and things in society”, and we initially envisioned all of those things being connected all of the time. However, through feedback from innovators using SORACOM Air to connect all sorts of new kinds of devices, we came to understand that there are plenty of devices that only need to be connected for part of the year.

For example, ski lockers and lifts might only operate in the winter months. Agricultural monitors and watering systems might only need to be powered on during the spring or summer, or whatever season the crops they serve are growing.

With this new feature, SIMs that are deployed in systems like these can be suspended during their dormant months when they aren’t needed, to reduce costs. When the next year comes, they can be instantly re-activated through the SORACOM API or user console, without having to physically visit each device (which might be deployed over a wide area).

Suspending a SIM has a one-time cost of JPY 300 (regardless of how long it remains suspended). Therefore, this feature is suitable for SIMs which will be inactive for longer than 60 days.

We hope that the new Suspend feature will help increase efficiency and reduce costs for some of the new seasonal and intermittent use-cases that are being pioneered by Soracom users.

This update to the user console also features many other small usability improvements: it is now possible to switch back from invoice billing to credit card billing, filtering SIMs by status has been improved, the last remaining dependencies on Adobe Flash were eliminated, and various UI issues were improved.

All of these improvements were made possible by feedback from users, so please keep it coming! We truly appreciate it.

SORACOM Mason Mark