SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

2016年11月 Update ! 新たに3社のパートナーが SPS 認定

こんにちは、ソラコムの田渕です。

SORACOM のパートナープログラムである「SORACOM パートナースペース(以下、SPS)」にて、あらたに3社が SPS 認定パートナーとなりました。

SPS 認定パートナーとは、SORACOM を利用した IoT システムにおいて、一定の実績を持っているパートナー企業です。お客様は SPS 認定パートナーにご相談頂くことで、実績にある企業に安心して IoT システムをご相談いただけます。

今回認定された企業

  • 株式会社アイ・オー・データ機器
  • 株式会社ABEJA
  • クラウドエース株式会社

 

株式会社アイ・オー・データ機器

アイ・オー・データ機器は、エンドユーザーとしても周辺機器でご利用になる方も多いのではないでしょうか? 本社は石川県、1976年の創業と歴史のある日本のメーカーです。

このたび、SPS 認定デバイスパートナーとなり、本日より提供開始されるゲートウェイ製品「UD-LT1」は、早速 SORACOM 認定デバイスとして登録されました。

アンテナが印象的なデバイスです。 UD-LT1

株式会社ABEJA

ABEJA は、様々な産業にAI(人工知能)を活用したデータ解析のプラットフォーム「ABEJA Platform」を提供しています。特に小売・流通業界向けにカスタマイズされた「ABEJA Platform for Retail」は、簡単に来店者数や店内の滞在動態、顧客属性をデータ取得〜分析し、dashboard で可視化、改善することができます。そのノウハウを、製造業など様々な産業に展開をはじめています。

「ABEJA Platform」を、SORACOM と、API 連携を発表いただきました。

ABEJA、ソラコムのIoTプラットフォームとシステム連携〜低コストかつセキュアな通信を可能とするビックデータのAI解析基盤を提供〜

クラウドエース株式会社

クラウドエースは、Google Cloud Platform(以下、GCP)を活用したクラウドインテグレーションに特化した企業です。 SORACOM がつながる先のシステムは、さまざまなクラウドに対応可能です。

Java、Python、PHP、Go の言語にに対応した、プログラミング開発運用環境、AppEngine(GAE)。 高速でスケーラブルで高可用性なメッセージシステムとして利用できる、Google Pub/Sub。 Google のデータベース技術をどの企業でも自由に好きなだけ、格安で利用できる、Google BigQuery。 ETL、バッチ処理、継続的な計算処理などの幅広いデータ処理方法を開発実行するためのマネージドサービス、Google DataFlow。

GCP を活用した様々なシステム開発をコンサルティング〜開発・運用までおまかせいただけます。

SPSについて

様々な専門性の複合体である IoT システムには、それぞれの専門知識をもつパートナーの協力が不可欠です。

ソラコムでは、パートナー企業のご紹介や、認定デバイスのご紹介も行っています。 ご興味お持ちの企業様は、こちらのサイトもご覧ください。

SORACOM パートナースペースサイト SORACOM のパートナー、デバイスを探す

ソラコム 広報 田渕