SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

[発表] IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」の米国でのサービス提供開始しました!

Hello US,

このブログはサンフランシスコに向かう飛行機の中で書いています。本日の発表は、IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」の米国でのサービス提供開始です。2016年11月30日より、米国で「SORACOM」を利用するためのSORACOM Airの米国用SIMの購入が可能となりました。

ソラコムのグローバル向けwebサイト

図: ソラコムのグローバル向けWebサイト: https://soracom.io

これまでの背景

「世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ」をビジョンとして、創業当初から、グローバルでオープンなプラットフォーム(共通基盤)を創りたい、その想いでチーム一丸となって事業を進めて参りました。昨年の2015年9月30日のSORACOMの日本でのサービス開始から約1年が経ち、SORACOMのお客様アカウント数も4000を超え、ソラコムのパートナー・プログラムであるSORACOM パートナースペース (SPS)への登録企業も250社を超えました。

本日、グローバル展開の最初の地として、米国でサービス提供開始できることを非常に嬉しく思うとともに、これまでご支援頂いたお客様、パートナー様に深く感謝を申し上げます。

これまでの経緯として、2016年7月に、SORACOMプラットフォームのグローバル対応(以下、グローバル・カバレッジ)を発表し、ソラコムが複数の通信キャリアと契約することで、120を超える国と地域に対応していくことを発表しました。そして、グローバル用PoCキット(実証実験キット)の提供を開始し、複数のお客様に、グローバル・カバレッジのSORACOMプラットフォームをご試用頂いておりました。

SORACOMプラットフォームのグローバル対応 図: SORACOMプラットフォームのグローバル対応

本日の発表

本日の発表は、「SORACOM」プラットフォームの 「グローバル・カバレッジ」の正式なサービス提供開始 であり、SORACOM Airのみならず、SORACOM Beam、SORACOM Canalなど全8種類のサービスもサービス提供開始いたします。そして、 米国において、SORACOM Airの「米国用SIM (SU001)」の販売を開始 いたします。

この米国用SIMの特徴は以下の通りです。

  • 米国ではAT&T、T-Mobileのエリア内で3G/2Gデータ通信を利用可能
  • 米国のAmazon.comで販売
  • SORACOMプラットフォームの全サービスを利用可能

米国で発売するSIM (SU001)

図: 米国で発売するSIM (SU001)

これまで提供されているユーザコンソールに、カバレッジタイプという概念が追加され、従来ご利用いただいている日本国内をカバーするカバレッジタイプ(ジャパン・カバレッジ)から、グローバル・カバレッジに切り替えることが可能となりました。

SORACOMプラットフォームのグローバル対応

グローバル・カバレッジに切り替えることで、これまでと同様に、米国用SIMでもコンソール上で一括で運用・監視できます。

なお、グローバル・カバレッジでは、接続している国や地域の情報を見ることができます。

グローバル・カバレッジのユーザーコンソール画面 図: グローバル・カバレッジのユーザーコンソール画面

各SIMの詳細画面では、基地局情報が取得できる場合には地図上での位置を表示したりセッション情報(いつ接続したか、切断されたか)を表示することができます。

SIMの詳細画面 図: SIMの詳細画面

利用料金

SORACOM Airのグローバル・カバレッジにおける米国用SIMの利用料金は以下の通りです。米国ドル(以下、USD)で課金されます。

  • 初期費用:5 USD / 枚 (※ 送料別、Amazon.comでは送料込で 8 USDとなります)
  • 基本料金:
    • データ通信開始前 0.00 USD / 日 (※ 1年間まで無料)
    • データ通信開始後 0.06 USD / 日 (例:一ヶ月使い続けると1.8 USD)
  • データ通信料金 :0.08 USD / MB 〜 (ボリュームディスカウントプラン有)

今回の料金では、 SIMの基本料金がデータ通信を開始する前まで無料なのが1つの特徴です。 これは、多くのお客様からのフィードバックとして、IoTデバイスにSIMを組み入れて販売するときに在庫期間などで料金がかからないほうが良い、という声を頂き、今回のグローバル・カバレッジの料金として実現できました。(但し、1年が経過すると、0.06 USD/日の料金がかかります。)

データ通信料金は、米国では0.08 USD / MB〜となり、ボリュームディスカウントがあります。また、米国以外の地域での料金体系詳細は、こちら をご覧ください。SORACOM Beam以降のサービスは、ジャパン・カバレッジの料金と同様の料金テーブル (100円 - 1.0 USD換算)が用意されています。

さいごに

この発表と同時期に、ラスベガスにてAWS re:Inventが開催されています。株式会社ソラコムもAWSのパートナーとしてブースを展示しており、私も参加しておりますので、ラスベガスに来られている方は是非遊びにきてください!

我々はこれまで通り、オープンでフェアでフレキシブルでプログラマブルな通信プラットフォームを提供することで、日本から、世界から、素晴らしいIoTデバイス、ソリューション、サービスが世に産まれることに貢献し続けていきます。今後、米国を皮切りに、グローバル展開を進めて参りますので、これからも応援のほど宜しくお願い致します。

Still Day One

チーム・ソラコムを代表して 玉川憲 (Twitter: @KenTamagawa)