SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

SORACOM Harvest が TCP/UDP で送信したデータもグラフ化できるようになりました

いろいろなことがあった2016年も残りわずかですね。

先月リリースした SORACOM Harvest ですが、TCP/UDP を使った場合、送信内容が Base64 エンコードされた上でJSONに組み込まれているので、コンソール上でグラフ表示できないという状態でした。 今回、ユーザーコンソールをアップデートし、これらをいい感じにデコードして表示できるようになりました。

さっそく試してみましょう。 SORACOM Harvest を有効にしたグループに SIM を入れて、ラズパイに繋ぎます。 今回は、ターミナルから TCP や UDP を使って SORACOM Harvest にデータを送ってみます。

単に数字だけ(201 のレスポンスコードが返ってきて見づらいですが、ご容赦ください)

console1

JSONをテキストで

console2

コンソールでグラフを表示してみると・・・

graph1

graph2

payload の中身がデコードされて、ちゃんと表示されています。

2017年も IoT サービスをもっと身近に&便利にするためのサービス開発を進めてまいりますので、お楽しみに。 SORACOM サービスへのフィードバック、引き続きお待ちしています!