SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

GWは SORACOM とラズパイで IoT電子工作に挑戦!

IoT システムを自分でも作ってみたいけど、何から手をつけていいかわからない。センサー使って測定してみたいけど、どれを選んだらいいの? ハードウェアや通信、センサー、クラウド、IoT 電子工作はハードルが高い・・・そんな方にとっておきのハンズオンテキストをご紹介します。

ぜひ今年のゴールデンウィークは電子工作にチャレンジしてみませんか?😁

ハンズオンテキストのご紹介

1. 超音波センサーを使って、距離を測定してみよう!

小型コンピューター Raspberry Pi 、USB 3G ドングル、超音波センサーを用いて、センサーが障害物を検知すると SORACOM Beam を経由してクラウドへデータを送信します。SORACOM Harvest を利用して、測定データを可視化できます。 超音波距離センサーハンズオン テキストはこちら こちらのキット一式は、ソラコムユーザーコンソールよりご購入いただけます。 >>購入方法はこちら

2. カメラを利用して、簡易監視カメラを作ろう!

Web カメラと Raspberry Pi 、SORACOM を利用して簡単に監視カメラを構築することができます。また定点観測しタイムラプス動画を作ることができますので、お好きなものの観察にも応用できます。

植物を定点観測し、タイムラプス動画にまとめたものです。

テキストはこちら こちらのキット一式は、ソラコムユーザーコンソールよりご購入いただけます。 >>購入方法はこちら

3. 赤外線センサー使ってDIYスマートホーム!

赤外線信号を Raspberry Pi で受送信し、インターネット経由で家電リモコンを操作します。LIRC(Linux Infrared Remote Control)を利用し、Linux 上での送信したい赤外線信号の解析および送信を行い、SORACOM Beam と MQTT を用いて赤外線信号を送信します。リモートからの家電の操作をお試しいただけます。

テキストはこちら

4. LoRa を使ってセンシングデータを飛ばしてみよう!

長距離通信、省電力のLoRa Arduino シールドを利用し、温度センサーから得られるデータをLoRaで送り、SORACOM Harvest で可視化までをお試しいただけます。 LoRa ゲートウェイがお近くにある方は誰でもお試しいただけます。LoRa 共有ゲートウェイの設置箇所はここからご確認ください。

テキストはこちら

>>LoRa Arduino シールドの購入方法はこちら

5. その他、様々なハンズオンテキストをご紹介

その他にも、ソラコム以外の方が書いてくださった「試してみる」BLOG 記事があります。参考にしてみてください。

Qiita の SORACOM タグの中には、様々なIoTテキストが紹介されています。IoT でこんなことやってみたかったが見つかるかもしれません。ぜひご覧ください。

IoT体験キットの購入方法

ソラコムのユーザーコンソールにログインし、発注画面より該当のキット、デバイスをお選びください。 ソラコムのアカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成し、支払情報(クレジットカードもしくは請求書払い)を設定いただく必要があります。 詳細はこちらのアカウントの作成・支払情報の設定をご覧ください。

how-to-buy LoRa Arduino シールドのご購入を希望する方は、LoRaWANタブより選択ください。 IoT体験キットのご購入を希望する方は、その他(キットなど)を選択ください。

IoT はまず何かしら動くものを作ってみるところからスタート!ぜひこのゴールデンウィークを利用して、一度IoTを体感してください^^

ソラコム 熊崎