SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

SORACOM Funnel の Partner Hosted Adapter で MotionBoard Cloud を試してみた

2017/5/10にリリースされたSORACOM Funnelの新機能 Partner Hosted Adapterは、もうお試しになりましたか?

発表の内容だけでは中々伝わりにくいと思い、ここでは ウィングアーク1st さんの MotionBoard Cloud へ、SORACOM Funnelを使ってデータを送信し、可視化するところまでをご紹介します!

MotionBoard Cloud

ウィングアーク1st社のBIクラウドサービスです。ブラウザベースで開発、そしてダッシュボード機能を備えているうえ、高速に動作しますのでストレスなくデータ分析ができます

MotionBoard Cloud

30日間の無償のトライアルライセンスがありますので、それを使いSORACOM Funnelとの連携を確かめていきます!

無償トライアルの申し込み

無償トライアルのフローhttp://www.wingarc.com/cloud/mbc/#flowLink より

無償トライアルの申し込みはここから行えます いくつか製品がありますが MotionBoard Cloudをお試ししたい方 を選択ください

無償ライセンスの到着

申し込み後、PDFにてMotionBoard Cloud試用開始のお知らせがPDFで届きます

MotionBoard Cloud試用開始のお知らせ

SORACOM Funnelで利用する際にポイントとなるのは テナントID です。これを忘れないようにしましょう

テナントID

設定をしていく

MotionBoard Cloudのライセンスが準備できましたら、早速設定をしていきます

今回の全体像はこんな形です

設定は以下の通り進めていきます

  1. MotionBoard Cloud
    1. リアルタイム連携(WEb API)の設定
    2. ボードの作成
  2. SORACOM コンソール
    1. 認証情報ストアの設定
    2. SORACOM Funnelの設定
    3. SORACOM Air SIMの所属グループ設定

MotionBoard Cloud / リアルタイム連携の設定

MotionBoardのリアルタイム連携機能の中に、WebAPI機能があります。SORACOM Funnel Partner Hosted Adapterは、WebAPIを利用しますので、それを有効化していきます

管理 > システム設定 > 接続/認証 > リアルタイム連携

管理>リアルタイム連携

「+」を押すと、テンプレートの新規作成になります

テンプレート作成

ダイアログは以下の通りにします

  • my_1st_realtime_datasource

テンプレート名

テンプレートの全般タブは以下の通りにします

  • WebAPI : 利用するにチェックする
  • 認証キー : 「自動生成」を押す → 生成されたキーを記録しておいてください
  • 永続化 : 利用するにチェックする
  • 保存先テーブル名 : my_1st_realtime_table
  • 実行ユーザー : 「検索」を押す → 適切な権限を持つユーザーが表示されます
  • 保存期間 : 指定するにチェックする
  • それ以外はデフォルトのまま

※設定項目数が多いのですが、漏らすと動きません。ご注意を

リアルタイム>全般

テンプレートのステータスタブを開き、新規作成を押します

リアルタイム>ステータス

ダイアログは以下の通りにします

  • ステータス名 : val0
  • MB IoT Agent : 未設定
  • データ型 : 数値

ステータス新規作成

OKを押した後、「保存」を押して完了です

MotionBoard Cloud / ボードの作成

MotionBoard Cloudの「ボード」とは、データの表示領域を指します。ここではボードを作り、そのデータソースに先ほど作ったリアルタイム連携のデータを指定します

スタートナビ から すべてを選択

スタートナビ>すべて

新規作成をクリック

新規作成

ダイアログは以下の通りにします

  • 名前 : my_1st_mbc_board
  • それ以外はデフォルトのまま

ボード名

アイテムウィザードが起動します。まずはデータソースの設定です

  • 接続先 : system datasources
  • ツリー : Realtime > StatusHistory と開き my_1st_realtime_datasource を選択
  • データソース名 : my_1st_ds

※この段階ではプレビュー画面には「該当データが存在しません」と表示されますが正常です

アイテムウィザード:データソース

この画面では「チャート」を選択し、次に行きます

アイテムウィザード:種類

データソースエディタでは、項目一覧からドラッグアンドドロップで項目を移動します

  • datetime → 行項目
  • val0 → 集計項目

アイテムウィザード:データソースエディタ

このダイアログは以下の通りにします

  • 名前を入力してください : my_1st_bar_chart
  • 棒グラフのアイコンを選択
  • それ以外はデフォルトのまま

これで my_1st_realtime_datasource をデータソースとした、棒グラフのチャートが作成されました

アイテムウィザード:アイテム名

ここからは作成したチャートを配置する設定です。クリックにて進めてください

ボード:レイアウト ボード:レイアウト

完成すると以下の通りとなります 最後に画面左下の「保存」を行い、「編集終了」をクリックして終了です

完成

SORACOM コンソール / 認証情報ストアの設定

ここからはSORACOMコンソール上の設定です 以下を用意してください

  • 「試用開始のご案内」PDF
  • MotionBoard Cloud / リアルタイム連携における下記情報
    • テンプレート名 (本ブログ内では my_1st_realtime_datasource となります)
    • 認証キー (本ブログ内では自動生成してますので、それを取得)

準備が整ったら、SORACOMコンソールのメニューから「セキュリティ」をクリック

「認証情報ストア」をクリック後、「認証情報を登録」をクリック

ダイアログは以下の通りにします

  • 認証情報ID : my_1st_mbc_cert
  • 概要 : my_1st_realtime_datasource向け
  • 種別 : WingArc 1st MotionBoard 認証情報
  • テナントID : 「試用開始のご案内」の中のテナントID
  • 認証キー : MotionBoard Cloud / リアルタイム連携設定の認証キー

登録に成功すると、以下の通り一覧に表示されます

SORACOM コンソール / SORACOM Funnelの設定

認証情報ストアの準備ができたら、SORACOM Funnelの設定に入ります

SORACOMコンソールのメニューから「SIMグループ」をクリック

「追加」を押した後のダイアログは以下の通りにします

  • グループ名 : my_1st_realtime_datasource_w_funnel

次のページでは「SORACOM Funnel設定」をクリックして開いた後、下記の通りにします

  • トグルスイッチ : ONにする
  • 転送先サービス : WingArc 1st MotionBoard
  • 転送先URL : (デフォルトのまま)
  • 認証情報 : my_1st_mbc_cert

「保存」を押すと、このグループに所属するSIMはSORACOM Funnelが使えるようになります

青枠の中には、SORACOM Funnel のエンドポイントが表示されているので、アプリケーション開発時の参考にしてください

SORACOM コンソール / SORACOM Air SIMの所属グループ設定

SIMをSORACOM Funnelが使えるグループに所属させます

SORACOMコンソールのメニューから「SIM管理」をクリック

  1. 所属させたいSIMのチェックボックスをオン
  2. 「操作」から「所属グループ変更」をクリック

その後のダイアログで、新しい所属グループを my_1st_realtime_datasource_w_funnel にしたあと、「グループ変更」をクリック

所属グループ変更に成功すると、下記の通り当該のSIMにグループ名が表示されます

curlコマンドでデータを入れてみる

さぁお楽しみの試験です 今回は SORACOM Air SIMで通信できるようにしたRaspberry Piから、curlコマンドでデータ投入してみます

1
2
3
4
5
$ curl -v -X POST -H "Content-Type: application/json" --data-raw '{"val0":78}' http://funnel.soracom.io
--snipped--
< HTTP/1.1 204 No Content
--snipped--
$ curl -X POST -H "Content-Type: application/json" --data-raw '{"val0":92}' http://funnel.soracom.io

成功していれば、下記の通りグラフが表示されています!

トラブルシュート

  • SORACOM コンソール
    • 認証情報ストアを再度確認してください
  • MotionBoard Cloud
    • リアルタイム連携の設定を再度確認してください。特に WebAPI、永続化、このあたりがキモになります
  • curl コマンド
    • -v オプションを付けて実行した際のHTTPレスポンスを確認ください。正常なら HTTP 204 No Content が返ります

まとめ

SORACOM Funnelのメリットを再度確認してみましょう デバイスの処理負担・コード実装を減らすことができ、デバイスをシンプルに保つことができる

  • HTTPSでなくHTTPで送ることができる
    • 暗号化処理をデバイスで行う必要がなくなる
    • 端末からSORACOMまではセルラー網でセキュアであるため、データの暗号化が不要だから
  • 認証のためのコードを書かなくても良い。また、処理を実行する必要もなくデバイスの処理負担が減る。しかも、認証情報をデバイスに保管せずに済む

今回は curlコマンド だけでいきなりMotionBoard Cloudにデータが表示されています。まさにメリットが100%出せている構成ですので、是非ともお試しください!

あとがき

本稿執筆にあたり、MotionBoard Cloudの使い方を聞きまくってしまいましたが、快くお応えいただいたウィングアーク1stの方々、ありがとうございました!

ソラコム 松下