SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

Sigfox開発を促進する
Sigfox Shield for Arduinoの販売を開始しました!

SORACOM Air for Sigfox好きなソラコム 松下(max)です。

Sigfoxが1回線からご利用できるという手軽さから、すでに多くのお客様に使っていただいています SORACOM Air for Sigfox に、Arduino UNO R3向けの開発シールド「Sigfox Shield for Arduino - UnaShield V2S」が追加されたのでご紹介します!

Sigfox Shield for Arduino - UnaShield V2S 製品外観

(製品ページへ)

Sigfox Shield for Arduino - UnaShield V2S の特徴

  • Arduino UNO R3 のシールド(拡張ボード)としてお使いいただけます
  • 日本国内のSigfox通信(RCZ3)に対応したモジュールを搭載
    • 技適対応のアンテナ標準添付
  • シールド上には通信モジュールだけでなく、押しボタンスイッチ、LED2つ、加速度センサー、温湿度&気圧センサーを搭載し、シールドだけで開発やセンシングが可能
  • Grove コネクターを2つ搭載、I2CとアナログのGrove センサーモジュールを後付け可能※1
    • 残りの空いているピンはArduinoの標準ポートとして利用することも可能です
  • ライブラリやサンプルが公開されており、リファレンスも充実

※1 供給電圧は5Vと3.3Vのどちらか一方をシールド上のジャンパで指定します

Sigfox Shield for Arduinoが使用しているピン等のハードウェアの情報は UnaShield V2S (20170325) を参照ください。

Sigfoxの通信可能地域

Sigfoxの通信可能地域は Sigfox社のcoverageページを見るのが一番です。 前回紹介したときよりも、通信可能な地域が増えている!!

Sigfox Coverage in Japan

Sigfox Shield for Arduino の始め方

ご購入は SORACOM Webコンソールの「発注」から、ご注文が可能です。 Sigfox Shield for Arduinoがお手元に届いたら、SORACOM Webコンソールの「発注」のご注文履歴から「受け取り確認」をクリックするだけで、その瞬間からお使いいただくことができます!

ここまでの画面イメージは、同じSigfoxデバイスである Sens'it の受け取り画面を参考にしてみてください。

Sigfox Shield for Arduino を用いた開発

早速開発をしてみましょう。とはいえ、Arduino側の開発はとてもシンプルで済みます。

  1. ライブラリをインストールした後 SIGFOX.h をinclude
  2. UnaShieldV2S オブジェクトを初期化
  3. transceiver.begin を行い
  4. transceiver.sendMessagetransceiver.sendString で送信

これだけでSigfoxネットワークへデータを送信することができます。 SORACOM Harvestでデータを可視化するサンプルを作ってみましたが、約20行と極めて簡単です。

これだけシンプルにできるのは、ライブラリのおかげでもありますが、 SORACOM Air for Sigfox が SORACOMの各サービス「データ転送サービスSORACOM Beam」 「クラウド・アダプタサービスSORACOM Funnel」 「データ蓄積・可視化サービスSORACOM Harvest」 と連携するため、デバイス側の開発をシンプルに保つことができるんですね。

おわりに

今回ご紹介した「Sigfox Shield for Arduino」で色々なセンサーを接続できるようになるので、より詳細な開発ができるようになりました。

逆に手軽に開発したい、Sigfoxネットワークを体験したいという方には、7種類のセンサ・バッテリを内蔵したSens'it や 2チャンネルの接点をSigfox通信できるドライコンタクトコンバーター もご検討ください!

ソラコム 松下