SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

Sigfox レンタル基地局の提供を開始しました。

こんにちは。ソラコム江木です。

このたび、Sigfoxのレンタル基地局の提供を開始しましたのでお知らせします。 Sigfoxは主要都市を中心に順次サービスエリアを拡大していますが、地下などで電波状況がよくなかったり、サービスエリア外でもSigfoxをお使いできるように Sigfox レンタル基地局を提供します。

SORACOM Air for Sigfox とは

Sigfox を少し復習したいと思います。 Sigfox は IoT 向けの通信規格で、低価格・省電力・長距離伝送が特長です。既に欧米を中心に32か国で展開中、2018年までに60か国に増加する予定であり、LPWA を代表するグローバルな通信規格として各国で導入が進んでいます。日本でも都市部を中心にカバレッジエリアが広がっています。

SORACOM Air for Sigfoxでは、これまでソラコムが提供している SORACOM Air for セルラーSORACOM Air for LoRaWAN と同様に、SORACOM プラットフォームのWebコンソール/APIを通じて、Sigfoxのデバイスや通信を一括操作・管理できるようになります

データ転送サービス「SORACOM Beam」や、クラウドリソースアダプターの「SORACOM Funnel」、そして、データ収集・蓄積サービスの「SORACOM Harvest」といったSORACOMのアプリケーションサービスが利用できます。

なお、現在3つのデバイスを提供しています。

Sigfox レンタル基地局

今回、以下のSigfox レンタル基地局を提供します。

Access Station Mini (基地局本体 + LNAC内蔵アンテナ)

屋内設置用となります。屋外用キャビネットに収納し、屋外設置することも可能です。キャビネットは別途必要となります。

料金は、1台あたり以下のとおりとなります。

  • 初期費用:24,800円
  • 利用料:117,600円(1ヶ月9,800円 x 12ヶ月分の利用料となります) (税抜きです。)

詳細、お申込みは、こちらから。

どうぞご利用ください!