SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

プライベート接続サービス「SORACOM Canal」でAWSリージョン間ピアリングのサポートを開始しました!

SORACOM Canalに新機能が追加されました! これまで大変多くのお客様からご要望をいただいていた機能です。 SORACOM Canal が AWS リージョン間のピアリングをサポートしました。

SORACOM Canal は、Amazon Web Services(AWS)上に構築したお客様の仮想プライベートクラウド環境と SORACOM プラットフォームを直接接続するプライベート接続サービスです。

これまでのピアリング接続の対象は、以下のとおりでした。

日本向け Air SIM をご利用の場合 → ピアリング接続対象の VPC は AWS アジアパシフィック(東京)リージョン上の VPC

グローバル向け Air SIM の場合 → ピアリング接続対象の VPC は AWS EU(フランクフルト)リージョン上の VPC

このたびの AWS リージョン間ピアリングのサポートにより、お客様はリージョン間ピアリングをサポートしているすべての AWS リージョンでプライベート接続サービスをご利用いただくことができます。 なお、現在、AWS はほとんどのリージョンでリージョン間ピアリングをサポートしていますので、同様にほとんどのリージョンで Canal のピアリングが利用できます。

Inter-region VPC peering connections are supported in all public regions except Asia Pacific (Osaka-Local) and Asia Pacific (Seoul).

VPC Peering Basicsより

例えば、東京リージョンにサーバーをお持ちのお客様は、世界中で使用できるグローバル向け Air SIM を利用して、グローバルに配置したデバイスから東京リージョンの VPC と閉域接続することができます。

また、日本向け Air SIMをお使いのお客様も、例えば US リージョンの VPC のサーバーに閉域網接続をすることが可能になります。

使用方法は簡単です。これまでの ピアリング接続の設定時に対象のリージョンを指定します。

ピアリング接続

このように 一つの VPG から複数の別のリージョンの VPC にピアリング接続することも可能です!

ピアリング接続

SORACOM Canal は、IoTのシステムのセキュリティの課題を解決します。 ソラコムのパケット交換機能が AWS にあるという特徴から、お客様のサーバーが AWS にある場合、インターネットを介すことなく通信し、機密性の高いデータでもセキュアにデバイスからサーバーにアップロードすることができます。 専用線や VPN を設定することもなく、モバイル通信網を利用して安価に閉域網を実現することができます。

ぜひご活用いただき、みなさまのIoTシステム開発のスピードアップにお役立てください!

ソラコム 江木