SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

4/26 SORACOM Technology Camp 開催

みなさんこんにちは。ソラコム熊崎です。桜満開🌸春は新しいことを始めたくなる季節ですね。

さて、既にご存知の方も多いかと思いますが。4月26日(木)に、IoT に携わる・今後携わる可能性のある技術者を対象としたデベロッパーカンファレンス SORACOM Technology Campを開催します!😆! technology-camp お申込み締め切りは4/10>>> https://technology-camp2018.soracom.jp/

IoTシステム全体像と、SORACOMのサービス・機能・利用方法を1日でまとめてご紹介するイベントです。IoTへの取り組んでいる、これから開始しようとお考えの技術者の方にピッタリなカンファレンスとなっています。 IoTはデバイス・通信・アプリケーションと専門分野の塊で、すべてをカバーしながらシステムを構築することに困難を感じるデベロッパーの皆さんも多いのではないでしょうか?

本カンファレンスは、通信プラットフォーム SORACOM を軸に、モノを通信に繋げる時に必要となるサービス・機能と、IoTシステムを構築する際に考えるべき周辺技術や、モノを繋いだ後、スケールさせる際に必要なサービスや機能、考え方などを2セッションに分けてSORACOMのエンジニアよりご紹介します。

これからIoTを始めるデベロッパーの皆さん

これから IoT の仕組みを構築するデベロッパーの方は、特にトラックAをお勧めします。 トラックAでは、まずIoT通信プラットフォーム SORACOM のエコシステムを各種サービスを交えてご紹介します。デバイスを使った簡単なIoTシステムの構築をその場で披露し、多くの方が興味をお持ちのLPWAを使ったIoTプロトタイピング製作もカバーします。IoTと相性のいいクラウドのシステム連携の方法や、ベストプラクティスの紹介、気になる通信のセキュリティ対策の様々な方法をご紹介します。

多くのセッションでデモを交えてご紹介しますので、見て聞いてすぐ始めていただける情報をお持ち帰り頂けます。

IoT システムを既に始めているデベロッパーの皆さん

既にIoTシステムの構築を始めている方、取り掛かっている方はトラックBがオススメです。 トラックBでは、既に実装を始めているデベロッパーの皆さんを対象とし、デバイスを繋げた先に課題となる点や、スケールアップする際に考えるべき項目をカバーしています。 例えば、SORACOMが提供するAPIを使いこなした自動化方法、IoTのプロトタイプから量産へ移行する際のノウハウ、多数のデバイスを管理する方法や状態の確認、IoTセキュリティに必要な情報をお届けします。 最後にグローバル展開の際に役立つ、SORACOMのグローバルSIMや、実際の機器に組み込むことが可能なチップ型のeSIMの最新動向、利用事例をご紹介します。

そしてなんと夜はSORACOM User Group Tokyo の記念すべき10回目が開催されます。1日どっぷりとIoTの最新技術に浸る日となってます。

SORACOM UG Tokyo #10 / SORACOM Technology Camp 夜の部!!

春から IoT に関わる仕事を始めるエンジニアの方も是非お越し下さい。皆さんにお会いできるのを楽しみにしてます。

お申込みは>>> https://technology-camp2018.soracom.jp/ 申し込み締め切り4月10日、抽選となっています。

ソラコム nao