SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

「Impress DX Awards」総合準グランプリを受賞しました

[impressDXaward

IT系の老舗メディア、インプレスさんが主催する「Impress DX Awards」2017年度で、「SORACOM Air for LoRaWAN」が、ネットワーク部門グランプリと、総合準グランプリを受賞しました。

LoRaWAN™は、省電力消費、長距離通信の特徴からIoT用途で注目されているLPWAという通信方式の中でも、自分で基地局を敷設できるという特徴で注目されています。

「SORACOM Air for LoRaWAN」は、ソラコムが2017年の2月に、他に先駆け正式に提供開始したサービスです。基地局となるゲートウェイと、Aruduinoベースで使えるLoRaWANシールドを誰でもご購入いただけるよう提供しています。

ソラコムにとって、セルラーに続く「新たなIoT通信」への新たなチャレンジ、この度この取組みを表彰いただき、チームメンバー一同とても嬉しく思っています。

LoRaWANって何?どうやって使うの?と思われる方向けに、「SORACOM Air for LoRaWAN」についてまとめました。

「SORACOM Air for LoRaWAN」の特徴

SORACOM LoRaWAN

1)ネットワークサーバーの準備不要 「SORACOM」プラットフォーム側にネットワークサーバーを用意していますので、ユーザーはゲートウェイを設置し、LoRaWANデバイスを開発するだけで使い始めることができます。

2) SORACOMのサービスと組み合わせて、すぐサーバーにデータ送信できる 「SORACOM」プラットフォームまで上がってきたデータを、サーバーの準備なく可視化したい場合は「SORACOM Harvest」、特定のサーバーにデータを転送したい場合は「SORACOM Beam」、特定のクラウドサービスに連携したい場合は「SORACOM Funnel」と組合せて使っていただくことで、LoRaWANデバイスから上がってきたデータをすぐに可視化・蓄積・分析することができます。これらの設定は、ウェブコンソールで簡単に設定できます。

これは、すぐに使い始められるメリットのほかに、スケールしてデバイス台数が増えても「SORACOM」からサーバーまでの設定を、簡単に一括設定・変更できるというメリットもあります。

3) 開発者がデバイスだけ買って、アプリ開発しLoRaWANの通信を試すことができる 開発者や企業が、LoRaWANをちょっと試してみたい、でもゲートウェイを購入するのは少しハードルが高い、そんなお声を受け、ソラコムでは、LoRaWANの基地局をご利用いただける「共有ゲートウェイ」スポットを「SORACOM LoRa Space」で公開しています。

4) LoRaWANの通信は、非常に小さいデータ通信を想定しています。そのため、普段のセンサーデータの送信はLoRaWANを使い、ファームウェアの更新などはセルラー回線を使うといったハイブリッドなユースケースも考えられます。「SORACOM」のユーザーコンソールでは、セルラーとLoRaWANなどのLPWA回線を両方管理することができますので、こういったハイブリッドなユースケースもスムーズに管理が可能です。

 「SORACOM Air for LoRaWAN」の使い方

まず、「SORACOM」のユーザーコンソールからデバイスをお買い求めください。 お手元に届いたら、アプリを開発して、LoRaWANゲートウェイの通信圏内でご利用頂けます。

スタートガイド SORACOM Air for LoRaWAN Getting Started

SORACOM Air for LoRaWAN の説明 | Slideshare これだけ知っていれば LoRaWAN SORACOM Air for LoRaWAN

LoRaWANデバイス開発のTIPS| Slideshare IoT通信の選択肢とLoRaWANに見るデバイス開発のポイント

動画講座シリーズ |Youtube SORACOM Bootcamp LoRaWAN

ハンズオンテキスト |GitHub LoRaWANハンズオン

※ セルフラーニング用コンテンツです ※  LoRa Arduino 開発シールド AL-050 と Arduino UNO R3をお持ちであることを前提としています

ほかにも、ディベロッパーのみなさまの使ってみたBLOG記事なども多数あります。

LPWAは、LoRaWANのほかに、すでに「SORACOM」でも対応しているSigfox、ソニーが手がけるソニーのLPWA、通信キャリアがサービス参入を発表しているセルラーLPWAなどさまざまな規格があり、これから利用が増える分野です。

この機会に、「SORACOM Air for LoRaWAN 」を使って、LPWAを学んで見るのはいかがでしょうか?

ソラコム 田渕