SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

soracom-cli が API Sandbox に対応しました

先日開催された SORACOM UG Explorer 2018 で API Sandbox について LT させていただいた ogu です。

LT の中で「soracom-cli の Sandbox 対応版、近日リリース予定です」とお伝えしましたが、ようやく準備が整い、リリースいたしましたのでお知らせいたします!

使い方

まずは soracom-cli をインストールします。すでにインストール済みの方はアップデートしてください。

インストールの方法は簡単です。soracom-cli リポジトリの README を参照してください。

アップデート方法は、Mac で Homebrew を使ってインストールした場合は brew update コマンドを実行するだけですし、それ以外の環境であればインストール時と同じ方法でバイナリをダウンロードして上書きするだけです。

インストールもしくはアップデートできたら、バージョンを確認します。

1
soracom version

0.3.6 以降のバージョンが表示されたら Sandbox 対応版です。

バージョンを確認したら、API Sandbox 用のプロファイルを作成します。 詳しいことはこれも soracom-cli リポジトリの README に書いてありますが、以下のように Sandbox 専用のプロファイルを作ります。

1
soracom configure-sandbox

メインで利用するカバレッジタイプ、本番環境の AuthKey ID と AuthKey (secret)、および Sandbox 環境に作成するユーザーのメールアドレスとパスワードを聞かれますので入力してください。

デフォルトでは sandbox という名前のプロファイルが作成されますので、以後はそれを使って以下のようにコマンドを実行していきます。

1
soracom subscribers list --profile sandbox

SIM の注文や利用休止、解約など、実際にお金がかかってしまったりやり直すことができない操作も、Sandbox 上であれば安心して試してみることができます。

架空の SIM やクーポンを作成するといった Sandbox 専用のコマンドも使うことができます。

1
2
soracom sandbox subscribers create --profile sandbox
soracom sandbox coupons create --profile sandbox

他にもいろいろと Sandbox 専用コマンドがあります。 引数など詳しくは soracom コマンドのヘルプを参照していただくか、API Sandbox 利用ガイド をご参照ください。

使い方でわからないことなどがございましたら、Twitter でつぶやいていただくか、サポートへお問い合わせください。 「こんな機能があったらな〜」というご要望もお待ちしております。 (#ソラコムサンタ にお願いするのも良いかもしれませんね!)

ogu