SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

国内初!セルラー通信内蔵「AWS IoT 1-Click」対応ボタン「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」の販売を開始

ボタン好きな、ソラコム 松下(max)です。

7月に発表しました「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」が、本日よりご購入いただけるようになりました!

SORACOM LTE-M Button powered by AWS | lte-m-button-launch / button

気になる出荷は 11月初旬を予定 しています。お手元に届くまで、もう少々お待ちください。

【11/1 更新】 出荷を開始しました!

SORACOM ユーザコンソールからご注文いただけます

SORACOM LTE-M Button は SORACOM ユーザーコンソール からご注文いただけます。
ログイン後したら「(画面左上の)Menu」→「発注」→「新規注文」→「デバイス」とお進みください。

lte-m-button-launch / order

なお、SORACOM ユーザコンソールを使うためには「登録無料/オンラインで作成可能な SORACOM アカウント」が必要となりますので、まだお持ちでない方はこの機会にお作りください。

「3,980 円」で限定販売します!

SORACOM LTE-M Button powered by AWS の通常販売価格は 7,980円 ですが、 個数・期間限定キャンペーン価格 3,980円 でお求めいただけるようにいたしました!

7月の発表以来、すでに多くのお問合せをいただいており、より多くの皆様に使っていただけるようにするために限定販売としておりますので、ご理解いただけるとありがたいです。

※価格は税別、送料別です
※キャンペーン価格での1人あたりのご購入台数には上限(10台)です。上限を超えるご注文も可能ですが、超過分については通常販売価格が適用されます

その他に必要なもの

SORACOM LTE-M Button は AWS IoT 1-Click を利用するため、AWS アカウントも必要となります。こちらも登録はオンラインで行っていただくことができます。作成の際、サポートプランを聞かれますが、どのプランでもご利用いただけます。

作成は AWS アカウントを作成 からお進みください。

SORACOM LTE-M Button を SORACOM アカウントへ紐づけましょう!

お手元に届いた SORACOM LTE-M Button を SORACOM アカウントに紐付けることで、ボタンの残クリック数残契約期間最後にボタンを押した時間 といった運用に必要な情報が得られるようになる他、契約の自動更新もされるようになり、管理の手間が軽減されます。ぜひご登録ください!

また、SORACOM Harvest の Publish API を利用することで、 ダッシュボード作成・共有サービス / SORACOM Lagoon を統合することができるため、SORACOM LTE-M Button のデータの可視化や通知の仕組みを構築するのに、他のサービスが不要になるのもメリットです。

lte-m-button-launch / architecture

SORACOM Harvest の Publish API の詳細は 開発ドキュメント をご覧ください。

SORACOM LTE-M Button powered by AWS に関する情報の整理

ここまで紹介してきました SORACOM LTE-M Button ですが、改めて仕様などの確認をしたい方へリンクをまとめました。

おわりに

ボタンが活用できるシーンは数多くあります。
例えば「商品の発注」や「スタッフや機材の呼び出し」だけでなく「お客様アンケート」や「スマートキーの開錠」といった、他のデバイス連携も考えられます。

多くのアイデアが実現できるボタン、ぜひ面白アイデアを形にしてみてください!

ソラコム 松下(max)