SORACOMエンジニアブログ

ソラコムの最新技術情報をお届けします

[8月8日まで数量限定特価] SORACOM LTE-M Button for Enterprise キャンペーン

はじめまして、ソラコムでセールスを担当しております高本 (高ははしごだか)です。 社内ではKunioと呼ばれています。

本日はより使い勝手の良くなったSORACOM LTE-M Button for Enterpriseを オトクな価格で購入できるキャンペーンのご紹介です!

SORACOM LTE-M Button for Enterpriseとはなにか?

ボタンインターフェースだけを有した乾電池駆動のIoTデバイスで、 単体でLTE-Mネットワークに接続をして、クラウド側にデータを送り、任意のロジックを起動することができます。

これまでもSORACOM Beam/Funnelを利用することで、 任意のサーバーやクラウドサービスにデータを送ることができておりました。

しかし、私のようなITビギナーには転送先のバックエンドの構築がよく分からず、 購入を見送らざるを得ないという状況になっていました。

本日 (2019/7/2) の発表でSORACOM LTE-M Button for Enterpriseがより使いやすく、より便利に!

本日、発表されたSORACOM Funkと簡易位置測位機能により SORACOM LTE-M Button for Enterpriseがより使いやすく、より便利になります。

1) SORACOM Funkのリリース

SORACOM Funkにより、AWS Lambda / Google Cloud Functions / Azure Functions等のFaaSのサービスを簡単に起動することができるようになりました。

これにより、簡単な設定で繋がるボタンを皆様に提供することができるようになりました。 私もこれを機にGoogle Cloud FunctionsやAzure Functionsを使ってみようと思っております。

2) 簡易位置測位機能 (* 2019/8/1より提供開始予定)

この機能により、ボタンが押されたおおよその位置が分かるようになりました。 下記は実際にボタンを押した位置を簡易位置測位機能でマッピングしたものとなります。(赤線が実際に動いた経路です。)

GPS程の精度ではありませんが、ある程度の位置情報はこれで分かるようになりました。 ボタンの電池の持ちはそのままですし、ざっくりと位置が分かれば良いユースケースには使っていただけそうです。

そんなSORACOM LTE-M Button for Enterpriseが2019年8月8日までオトクにご購入いただけます!

そんなSORACOM LTE-M Button for Enterpriseが2019年8月8日まで、1アカウント3台まで、1,000円引きの4,980円でご購入いただけます! 数量限定での販売となりますので、お早めにご購入いただければと思います。 (私も自分用、家族用、甥っ子用に3台購入したいと思います)

また直近で7月8日にマイクロソフト社と共催のハンズオンのイベントも用意されています。 使い方良く分からないから教えて欲しいよ、という皆様はぜひご参加ください。 https://pages.soracom.jp/20190708_ms_handson_seminar.html

このキャンペーンでご購入いただいたお客様から、我々が考えもつかなかったユースケースが出てくることをとても楽しみにしています! こんな使い方あるよ、ということを思いついたらどしどし教えてください。

kunio