【リリース】エッジデバイス統合管理サービス「SORACOM Mosaic」専用の管理画面を新たに公開

2020/03/09

AIエンジニアの皆さま、AIエンジニアがチームにいらっしゃる皆さまにとって、特に嬉しいお知らせです。

本日、エッジデバイス統合管理サービスSORACOM Mosaicにおいて大幅な機能アップデートを発表しました。これによりデバイスや通信のことに頭を悩ませることなく、また複雑な手順を踏むことなく、AIエッジデバイスを運用管理していただくことが可能になります。

まずはMosaicの専用画面をご覧ください。

エッジAIカメラ「S+ Camera Basic」の撮影画像確認

mosaic_device_camera

この画面でご確認いただけますのはMosaicの管理対象となっている AIエッジカメラ「S+ Camera Basic」で取得した画像、デバイスの状況、通信の状況となります。画像に関しては、IRフィルターなしで取得しますので、自然光の影響を受けにくく、機械学習に適した画像(赤みのある色味)を取得するようにしています。※本画像はプライバシー処理加工をしています。

エッジデバイスへのアルゴリズム更新/インストール済みアルゴリズムのパラメータ変更

mosaic_cameraapp0

続いてこちらの画面はエッジデバイスへAIアルゴリズムを遠隔からインストール、パラメータを変更する画面となります。エッジデバイスを現場活用する上でのお困りごととして、現場設置後の調整コストというものがありました。

これまでの取り組み

ソラコムでは、エッジAIデバイス活用の市場ニーズ高まりを受けて、これまでにエッジAIデバイスのリファレンスデバイスS+ Camera Basic を2019年7月に発表、限られたお客様にご活用いただきながらデバイスのブラッシュアップをし、先月2020年2月には1台からご提供可能というニュースも発表させていただきました。しかし、デバイス管理のオペレーションについてはいくつかのソラコムサービスを横断しながらマニュアル対応いただく必要があり、エッジAIデバイス活用の壁はまだまだ高いものになっていました。

通常エッジデバイスを活用する場合、仮説に基づくAIアルゴリズムを開発し、エッジデバイスを現場設置した後に仮説との乖離部分があればAIアルゴリズムを調整するというプロセスを取ります。

ここで調整が必要になるものはデバイスの設置場所といった物理的な問題とあわせて、取得できるデータの変更(例えばカメラの場合、想定していた場所にカメラを設置できず、現場調整で異なる場所にカメラを設置しなければいけない、といったことは容易に発生します)への対応というものがあります。取得できるデータにあわせてAIアルゴリズムのパラメーター変更は頻度高く発生する作業になりますので、これをエンジニアが現地に行くことなく遠隔から対応できることは非常に重要だと考えました。

SORACOM Mosaicでは

「SORACOM Mosaic」専用の管理画面を使っていただくことで、アルゴリズムのインストールやパラメータ変更は管理しているデバイスへ遠隔から即時反映できます。これでAIエンジニアは現地に行かずとも、カメラで取得できている画像の確認と画像処理のアルゴリズムの調整が可能となります。

デバイス設置後に現地に足を運びながら何度も調整・・・という経験をされたことのあるエンジニアの方にとっては、非常に喜んでもらえる画面かと思いますし、ビジネス責任者の方にとってもエンジニアの方が気持ち良くそして生産性高く活動できることは同じように喜ばしいことです。

詳しい操作手順をユーザーガイドに掲載しておりますので、具体的な利用方法についてイメージしたい方はユーザーガイドもご確認ください。

「SORACOM Mosaic」の目指すところ

この「SORACOM Mosaic」はあらゆるモノが通信するようになる未来を見据えて開発してきました。現時点では通信するAIエッジカメラ「S+ Camera Basic」のみがMosaicの管理対象デバイスとなります。しかし、将来的に産業用の機械や家電製品などのデバイスはもちろん、オフィスビルや家などのファシリティ、車などのモビリティといったモノが通信機能とAIを搭載していくことが想定されます。そのような変化の中であらゆるエッジデバイスを統合管理できる基盤サービスへと育てていきたいと思っています!!

mosaic_architecture

さらなるテクノロジー民主化に向けて

昨今、コロナウイルスの世界的な拡がりを受け、急遽リモートワークへの切り替えを実施する、セミナーや説明会をオンライン化する、といったように社会活動や働き方に大きな変化のタイミングが迫ってきました。

しかし、どうしても現地に行かなければ成り立たない仕事もまだまだ多くあります。現地に行くことや対面する価値も大切だと思いますし、テクノロジー活用がすべてを解決するとは思っていませんが、社会活動の中で一部の役割に偏ってしまいがちな現場作業の負担をいまよりも少し減らし、より住みやすい社会にしていける可能性を持ったテクノロジー活用が通信機能とAIを搭載したエッジデバイスにはあると思っています。

エッジデバイス統合管理サービス「SORACOM Mosaic」と通信するエッジAIカメラ「S+ Camera Basic」はLimited Previewといって、利用申請をいただいた一部のお客様と共に育てるフェーズとしてリリースをしています。AIエッジカメラの活用シーンを一緒に育てていただけるユーザー様やパートナー様はぜひお声がけください。

「S+ Camera Basic」の概要と利用申請

AIエッジデバイスの活用シーンはまだまだ一般化されていません。私たちソラコムもプラットフォーマーとして機能提供、機能改善をするだけでなく、良い活用シーンが生みだされ場を支援できるようユーザー限定勉強会の企画なども計画していきたいと思っています。

You Create, We Connect.

ソラコムは自らもイノベーションの歩みをとめず、皆さまのイノベーションを支えていきます!私もまたアップデートの機会があればブログで登場させていただきます。

martin


Posted by martin at 2020/03/09