SPS認定済みパートナーが5社増えました 〜オフィス、工場、建設現場向けの実践IoTソリューションが身近に〜

2020/04/08

こんにちは。広報の田渕です。4月8日に「SPS 認定済パートナー」として、株式会社WHERE、オーナンバ株式会社、株式会社金沢エンジニアリングシステムズ、クオリカ株式会社、株式会社ワイドテックの5社を新たに認定したことを発表しました。

SORACOMのパートナープログラム「SORACOMパートナースペース」では、IoT活用を始めたいお客様をサポートするデバイス、ソリューション、ネットワーク、インテグレーション4つのカテゴリのパートナー様にご登録頂いています。そのうち、ある一定の実績をお持ちのパートナー様を認定済パートナーとしています。

今回認定されたパートナー様はいずれもソリューションパートナーで、特徴あるソリューションを提供しています。IoT化を検討する際、目的や用途に合うソリューションを活用することで、各パートナー企業が持つ業界別、用途別のノウハウを活かしながら、スピーディにビジネス活用を始めることができます。

4月は、オフィスや、工場、建設現場をスマート化する具体的なソリューションが追加となりました。5社のソリューションを事例とともにご紹介します。

株式会社WHERE

WHERE様が提供する、IoT専用LAN「EXBeaconプラットフォーム」は、建物施設全体をカバーするIoT用の新しいLANで、オフィス、工場倉庫、工事現場、ホテル、空港港湾、介護施設、洞道など様々な施設に適用できます。

すでに協和エクシオ様のオフィスで使われており、従業員がカード型タグを身につけることで、在籍管理や会議室管理などのオフィスサービスで利用されています。

SORACOM活用事例:WHERE様

WHERE様のニュース:
ソラコム「SPS 認定済ソリューションパートナー」に認定されました

オーナンバ株式会社

オーナンバ様が提供するIoT-Gatewayソリューション「IoT-Finder」は、小型のIoTゲートウェイ機に各種センサーや制御機器を接続し、タブレットやPCを使った現場でのデータ確認や制御操作、クラウドへのデータのアップロード、PCやスマートフォンからのクラウドデータの参照、遠隔地からの制御などを可能にします。

すでにドルフィンギターズ様にて利用されており、店舗内の温湿度データをクラウドで収集・分析し、必要時に店舗にあるミスト加湿装置に信号を送り加湿装置のON/OFFを自動化しています。

SORACOM活用事例:オーナンバ様

オーナンバ様のニュース:
株式会社ソラコムのSPS認定済ソリューションパートナーに認定されました

株式会社金沢エンジニアリングシステムズ

金沢エンジニアリングシステムズ様が提供するIoTゲートウェイ「KES IoT Logic」は、産業機器/現場 とクラウドを手軽に接続でき、FAの専門知識やノウハウが無くても IoT サービスを展開できるソリューションです。業界最多の45社200シリーズ のPLCに対応しており、クラウドはMicrosoft Azure・ AWS IoT・HTTP Requestに対応しています。現場の装置を大きく変えずにスマート工場化することができるソリューションです。

すでに、冨木医療器様にて、倉庫内および配送用クーラーボックスの温度湿度データをシームレスに管理するシステムで利用されています。

SORACOM活用事例:金沢エンジニアリングシステムズ様

金沢エンジニアリングシステムズ様のニュース
株式会社ソラコム社SORACOMパートナースペース「SPS ソリューションパートナー」に認定して頂きました。

掲載されたソラコム活用事例:
保管・配送管理ソリューション「SORACOM・Azureの使用例をご紹介」

クオリカ株式会社

クオリカ様が提供する、製造現場の遠隔監視・予防保全ソリューション「CareQube+」は、製造機械や建設機械の稼働状況をキャッチし、データを「見える化」するだけではなく、帳票出力や保守ワークフローなどの各種業務アプリケーションも搭載、基幹システム連携も可能です。特に、自社開発の小型耐環境IoT端末(CQ13-SG-01)は、CAN・RS-485・LANなどの多様なインターフェースに対応するとともに、IP65相当の防水防塵性能のほか、使用温度-20℃~+70℃、幅広い動作電圧(DC 10V~30V)への対応、優れた耐衝撃性及び耐振動性などの保護構造が特徴です。また、グローバルSIMと組み合わせることで、海外展開を視野にいれた利用にも対応しています。

株式会社ワイドテック

ワイドテック様が提供する(今夏予定)、IoT専用のAI搭載監視・分析プラットフォームでは、機械学習AIによる予知保全を、HTML5ベースのダッシュボードやAPI等の外部連携手段と共に実現します。特に、専用センサーと共に提供するワイヤロープ保守パッケージは、磨耗状況の定期監視、AIによる寿命予測を通じ、クレーンなどマテハン機器の安全・安定運用に寄与するワイドテック様のノウハウが詰め込まれたソリューションです。

ワイドテック様のニュース:
ワイドテック、IoT事業始動に向け 「SORACOM」パートナー認定を取得

まとめ

いずれのパートナー様も、IoTシステムに必要なデバイス、クラウド、そしてSORACOMの通信をパッケージ化することで、柔軟かつスピーディに展開できるソリューションとしてお客様に提供されています。

引き続き、ソラコムはパートナープログラムを通じて、パートナー企業のみなさまとともに、IoT活用をもっと手軽に、多くの方に活用いただけるよう取り組んで参ります。


Posted by kyon at 2020/04/08