S+ Camera Basic アップデートと共に一個販売開始!

2020/07/14

こんにちは。ソラコムの齋藤です。S+のビジネスを担当しております。

S+の読み方覚えていただけてますでしょうか?SORACOM の S にプラスと書いて、サープラスと読みます。

本日、S+ Camera Basic の Coral Edge TPU 対応、外部カメラ対応などの大幅機能アップデートと合わせて、一個単位での販売を開始させていただきました。S+ Camera を初めて発表させていただいたのが去年の Discovery。そこから、PoC キット販売、限定販売を経てようやく 1 個単位で皆様にご提供が開始できることとなり大変うれしく思っております。

S+ Camera Basic は、プログラマブルなエッジ AI カメラとしてリリースさせていただきました。これまでの我々の経験からカメラを使った AI テクノロジー活用における障壁と感じたことを解決できるように、軽量且つ汎用マウントを使って設置が簡単にでき、セルラー回線標準搭載のため有線、Wifi などのネットワークの制約がなく、プライバシー配慮など画像処理の柔軟性を持たせるためにエッジ基板を搭載し、更にエッジ側に導入するアルゴリズムは専用コンソール画面からいつでも置き換え可能などなどなど、色々盛りだくさんですが、開発者の方はアルゴリズム開発に専念できるように、ご利用者はカメラを使った AI テクノロジーを簡単に活用いただける製品となっております。

現在、交通量調査や倉庫コンテナの混雑度にあわせた配送計画調整、食堂混雑度可視化など実ユースケースでも既にご利用頂いており、機能に対するご要望も多くいただいております。非常にありがたいことに、ご要望のほとんどが S+ Camera Basac のユースケースを更に広げていただける内容で、今回のアップデートではご要望のユースケースを広げていただけるような機能を多く盛り込んでおります。

1 つ目の機能アップデートは Coral Edge TPU への対応です。パフォーマンスに関しては多くのご要望を頂いておりました。本機能アップデートにより Coral USB Accelerator の利用が可能となり TensorFlow Lite 経由で Coral がご利用可能となります。パフォーマンスに関しては論より証拠、実際にパフォーマスがどれくらい違うか見ていただければと思いますが、左側が Coral を搭載したもの、右側は搭載していないものになります。弊社測定ですが、mobilenet_ssd_v2 を利用して、Coral 無し版の 7FPS に対して、Coral あり版は 10 倍の 70FPS となっております。これまで高度な分析はクラウドに上げて処理をしていたり、他の専用 HW を利用していたといったユースケースについてもご利用いただけるのではないでしょうか。


2 つ目は外部 USB カメラへの対応です。S+ Camera Basic はカメラとボディが一体となっているため設置箇所は一箇所、電源を刺せばすぐに使っていただける点を評価いただいておりますが、一方で夜間でも撮影できるカメラを使用したいであるとかスペースが限られている場所へカメラだけ省スペースに設置したいなど、用途特化のカメラを柔軟に選びたいそしてカメラ部分だけ伸ばして設置して使えないかというご要望を頂いておりました。確かにご要望のとおりだなと感じまして、すぐに外部 USB カメラの対応へ向けて取り組みました。対応にあたり、既存の S+ Camera Basic の SW 部分の使い勝手を損なわないように気をつけてまして、結果としてカメラ画像取得の API 含め SW の使い勝手はそのままにご利用いただけますし、USB カメラを接続して S+ Camera Basic を再起動すれば USB カメラがオンとなり使えるといった簡単利用を実現しております。現時点では防水仕様で赤外線 LED を搭載の「ELP-USB100W05MT-DL36」がご利用いただけます。夜間の撮影だけでなく、ケーブル長が 3m ですので例えばカメラだけ屋外に設置(防水仕様なので大丈夫!)し、S+ Camera Basic 本体は屋内に置いてといったようなユースケースでもご利用いただけるのではないでしょうか。

USBカメラ USBカメラ

Coral USB Accelerator と外部 USB カメラ「ELP-USB100W05MT-DL36」はソラコムからは販売しておりませんが、一般的に入手可能な製品ですので別途ご入手いただければと思います。

ちなみに、Coral USB Accelerator と外部 USB カメラの対応に伴い、S+ Camera Basic から接続用の USB ケーブルを尻尾のように出しています。この尻尾の USB コネクタに Coral SB Accelerator も USB カメラも後付けご利用いただけます。

USB端子 USB端子

ただし、USB の尻尾は 1 つしかないためどちらかしか使えない点、また USB カメラをご利用の際には S+ Camera Basic 本体のカメラは使えませんので合わせてご注意ください。

今回の発表ではサンプルアルゴリズムや外付けレンズも拡充しておりますが、次の機会に内容をお伝えできればと思います。

今後も S+は AI テクノロジーをすべての人にご利用、ご活用いただきやすいよう進化を続けていきますので是非お楽しみに。

S+ Camera Basic のご購入はこちらから!

ソラコム 齋藤 (hiro)


Posted by hiro at 2020/07/14