SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

ソラコム ユーザーコンソールをアップグレードしました。

こんにちは、ソラコムの江木です。 最近ユーザーコンソールをアップグレードしましたが、お気づきになりましたでしょうか? 更新内容とその背景をご紹介します!

コンソール画面からサービスガイドやその他のドキュメントへのリンクを追加しています。

SIM管理画面(下部にガイドリンクを追加)

グループ一覧画面(グループがない場合にリンクを追加)

グループ設定画面(「もっと詳しく」を追加)

ところで、以下の記事やブログでも紹介していますが、ソラコムのエンジニアはリモートワークをうまく活用しています。

SORACOM が実践している非同期コミュニケーション https://blog.soracom.jp/blog/2016/06/28/about-team/

ソラコムの社員が社長を"ケン"と呼ぶ理由 http://president.jp/articles/-/25096

今回のユーザーコンソールのアップグレードを行ったのは、なんとオーストラリアのパースからリモートワークしているChristianです。(うらやましい)

↓Chistian@Perth

Chistian

Chistian から今回の改善ポイントや背景を解説しましたので、ぜひ(気合をいれて)ご覧ください!


Overview

At Soracom, we pride ourselves on giving our users the tools to solve any IoT problem they may encounter. As such we are always looking forward, trying to provide what our customers will need next.

However, if you have read our leadership statement, you will also know that one of our guiding principles is Kaizen, or continuous improvement. We often take some time to look back on what we have done, and how we can improve things.

Recently the focus was the user console.

Although constantly updated with new features and bug fixes, it was a prime candidate for some general usability improvements.

Identifying Potential Console Users

When looking for improvement opportunities, we thought it would be best to first identify the different levels of user, and try to experience each one’s perspective. We broke them down into the following simple types:

  • Well-informed user. The ideal user isup to date with Soracom’s services and has read enough of the documentation to set up exactly what they want.
  • Slightly-informed user. This user knows that particular Soracom service can help solve their problem, but isn’t exactly sure how to set things up.
  • Uninformed user. Perhaps this user knows that Soracom is good for IoT, but doesn’t know anything about the services we offer.

Ideally, every user would be well informed. Soracom is well known in the Japanese IoT community, so we have been fortunate that a lot of our customers here are well versed in the services we offer. But as we expand globally to areas where Soracom isn’t so well known, we need to cater to newer customers that are unlikely to know much about the services we offer.

After identifying these user types, our next objective was to improve the console such that uninformed, or slightly informed users naturally progress to informed. Following the principle of the path of least resistance, we wanted to make sure that any useful information or potential next steps were completely obvious to them.

Problems discovered

With this in mind, we immediately discovered a few areas we could improve.

  1. Discoverability: If you came to the web console, knowing only that Soracom was the data communications provider of the SIM you just purchased, it wasn’t clear that we provided anything beyond that scope.
  2. Usability: Even if you did know about a particular service we offered, entry points to the settings were not obvious.
  3. Explorability: Despite Soracom having comprehensive documentation, it was not directly accessible from the various settings screens, meaning general exploration was tedious.

Requirements

We really wanted to solve these issues but needed to be mindful of two things.

The first is that we have a large number of experienced console customers, so we needed to be careful any changes we made to improve things for new users would not get in their way.

Second is that we are a multilingual company, so any help/documentation linking needs to be either native to the customer’s chosen language.

Discoverability

The first problem is a user education issue, so we needed to find a way to teach our users about our other services. We already had a few coaching tips appear for new users, but didn’t want to distract from the most common task of registering a SIM, by bombarding them with more text prompts.

We decided to go with a more passive approach, using the empty space below the device table to offer potential solutions or tasks the user may want to try. We already have a lot of great tutorials on how to solve different IoT problems, so linking them to the console was a logical step.

Usability

The groups page of the user console displayed this issue clearly. Despite being the gateway to most of our services, the default state offered no explanation, nor call to action. This meant that even users who knew what they wanted to do would often get stuck, not knowing where to go next.

No real indication of how important this page was.

As well as adding a clear call to action, we also thought that this would be another good opportunity to let a new user know about the services they could access. To the default state, we added a clear description of the lack of content, but then also described the benefits should a user decide to create a group. Combine this with links to the various services and the all-important call to action button, the results are an obvious improvement.

Explorability

As mentioned earlier, Soracom has excellent documentation. But if you look at the screenshot below you can see there was no real integration between it and the actual user interface.

Most of these settings/features would be completely alien to the uninitiated. Without contextual help links or any kind of description, a new user might not even know that there is a service they may be interested in. Even if a user was interested, they would need to go to the documentation link at the top, then navigate their way to hopefully locate a description of the service.

An easy fix was determined by the team to be short category descriptions of each service/setting to the accordion headers, then direct documentation link boxes inside each setting.

Conclusion

As programmers often our number one priority is making sure that something works. Building new feature makes us implicitly an expert in its operation. We need to remind ourselves to take the view of a naive user in order to create the most usable experience.

Hopefully, these changes will help our new users, and introduce our more experienced customers to services they may not have known about. We are, of course, not finished improving things, so if you have any feedback it would be greatly appreciated!

Soracom Christian

KDDI回線が使える「plan-K」の提供を開始しました!

本日(5月9日)より SORACOM Air for セルラーの日本向け AirSIM に KDDI 回線が使える新しいサブスクリプション「plan-K」の提供を開始します。これまでの AirSIM と同じようにユーザーコンソールで1枚からご購入でき、SORACOMのサービスを使用できます。

コンソールからの発注画面 plan-k 発注

これまでのドコモ回線を使用した日本向け AirSIM は plan-D と名付けられました。つまり、日本向け AirSIM に2つのサブスクリプションがあり、それぞれ通信回線が異なることになります。

  • 日本向け AirSIM plan-D は NTT ドコモ回線が利用できる Air SIM を提供するサービスです。
  • 日本向け AirSIM plan-K は KDDI 回線が利用できる Air SIM を提供するサービスです。

以下のようにコンソールでサブスクリプションを確認できます。 plan-k コンソール

plan-D と plan-K は同じように SORACOM プラットフォームを使用できます。 plan-D の AirSIM と plan-K の AirSIM をおなじ SIM グループにいれて Beam や Funnel を使用したり、プライベート接続を設定することで同じ接続先の閉域網のシステムを利用することができます。

同じAirSIMのグループに入れてデータ転送サービスBeam や クラウドアダプターFunnelを利用 plan-k

同じAirSIMのグループに入れて閉域網サービスを利用 plan-k

たとえば、電波の状況に応じて使用する AirSIM を変えたり、DualSIM で搭載できるデバイスを使用するとバックアップ回線としても使用できます。

料金

料金は以下のとおりです。

  • 初期費用 (契約事務手数料) : 1500円/枚 (データ通信/SMS付)
  • 基本料金: 使用開始前 1日5円 使用開始後 1日10円
  • データ通信料金 : 1MB/0.2円〜

詳細はご利用料金 - 日本向け Air SIMをご確認ください。

備考

  • au端末だけでなくau網に対応したSIMフリー端末などのご利用もできます。
    • SIM は au Nano IC Card 04 LE になります。
    • KDDIブランド通信モジュール (KYM11/KYM12など) は非対応です。
    • 当社で動作保証を行うものではありませんのでご注意ください。
  • plan-K の電話番号(MSISDN)は M2M 専用となる 020 番号が付与されます。詳細はM2M等専用番号の創設をご確認ください。

ぜひ、ご利用ください!

ソラコム 江木

SORACOM グローバル向け Air SIMの新料金体系を6月1日より開始!

こんにちは、ソラコムBDの大槻です。 暑くなったり寒くなったりで体調管理が難しいこの頃ですね。

グローバル向けAir SIMにおいて、データ通信料金量の改定を2018年6月1日より行います。若干フライングですが本ブログでは先行してお知らせします!

はじめに

みなさま、ソラコムのグローバル向け AirSIM はお使いになったことがあるでしょうか?名前の通り日本を含めた世界中で接続可能で、ソラコムの各種サービスに加え、SMSのAPI連携SIMのローカル情報取得、柔軟な回線状態の管理などが行えるIoT向けに最適なSIMカードです。従来のカード型やeSIMと呼ばれるチップ型の2種類の形状を選択でき、日本のお客様だけでなく欧米を始めとした海外のお客様にも多くご利用頂いていおります。

背景

ソラコムの AirSIM は1枚から、個人ユーザ様・法人ユーザ様を問わずどなたでもお買い上げいただくことが可能で、まずは手で触ってみて何が出来るのかをお試し頂けるようになっています。昨今のIoTの盛り上がりもあり最近では数枚から始められたお客様も数百、数千、数万というオーダーにビジネスが拡大していく案件も非常に増えてきました。その中で回線数=ボリュームが増えたお客様に対するソラコムからの還元が今回の新料金発表です。

今回の新発表(新料金体系)

SIM の枚数やデータ通信利用量に応じて、ボリュームディスカウントが適用されるようになります。

初期費用

変更ありません。従来通り以下の料金でお買い求め頂けます。

  • カード型 SIM 契約事務手数料1 回線 (SIM) あたり 5 USD + 送料
  • チップ型 SIM 契約事務手数料 1 回線 (SIM) あたり 6 USD + 送料

基本料金のディスカウント

アクティブ状態のSIM(active/inactive状態のSIM)のご利用枚数により、段階的にディスカウントが適用されます。

これまで 1回線あたりの基本料金

  • データ通信開始前 0 USD / 日 (1年間まで無料)
  • データ通信開始後 0.06 USD / 日(一律)

新料金 1回線あたりの基本料金

  • データ通信開始前 0 USD / 日 (1年間まで無料)
  • アクティブSIM100枚まで : データ通信開始後 0.06 USD / 日
  • アクティブSIM101枚以上の部分 : データ通信開始後 0.05 USD / 日

アクティブSIMの枚数は日毎に枚数計算され、100枚より多くご利用の場合はその分ディスカウントが適用されます。なお、このディスカウントはplan01sのSIMに適用となります。

データ通信料金のディスカウント

米国とカナダについて、データ通信料金のボリュームディスカウントを行います。

これまで

  • 米国: 0.08 USD/MiB(一律)
  • カナダ: 0.20 USD/MiB(一律)

新料金

  • 米国: 0.073 USD/MiBから、データ通信利用量により$0.047/MiBまで4ティアのディスカウント
  • カナダ: 0.16 USD/MiBから、データ通信量により$0.13/MiBまで4ティアのディスカウント

データ通信利用量に応じて段階的にディスカウントが適用されます。ディスカウントの計算対象となるデータ通信利用量は、plan01sの各回線の利用国ごとのデータ通信利用量を課金単位で切り上げ、その利用量を月単位で合算したものとなります。 合算したデータ通信利用量に応じて、自動的にディスカウントが適用されます。

ご利用頂くデータ量が増えるほどディスカウント比率が深くなりますので、例として概算で計算して比較してみます。

(例)月に20MiBの通信を行うデバイス/SIMを、米国で250台稼働させている場合(データ通信利用量月5000MiB / 1ヶ月30日の計算)

これまで

  • 基本料金: $0.06 * 30(day) * 250(SIM) = $450
  • データ通信料金: $0.08 * 5000(MiB) = $400
  • ->(月合計)$850

新料金適用後

  • 基本料金:
    • ティア1 : $0.06 * 30(day) * 100(SIM) = $180
    • ティア2 : $0.05 * 30(day) * 150(SIM) = $225
    • 基本料金合計 : $405
  • データ通信料金:
    • ティア1 : $0.073 * 250(MiB) = $18.25
    • ティア2 : $0.057 * 250(MiB) = $14.25
    • ティア3 : $0.053 * 500(MiB) = $26.5
    • ティア4 : $0.047 * 4000(MiB) = $188
    • データ通信料金合計 : $247
  • ->(月合計)$652

新料金の適用により、$198ほどお得になりますね!

適用プランは?

このボリュームディスカウントは、SORACOM グローバル向け Air SIM plan01sに適用されます。plan01s low data volume には適用されません。

新料金の適用方法は?

本ボリュームディスカウントは2018年6月1日より、自動的に適用されます。申請やコンソール上での設定変更は不要です。

最後に

ご利用枚数(アクティブ数)、ご利用量が増えれば増えるほどお得になる新料金です。是非とも日本を含めて、みなさまのIoT製品、ソリューションにご活用ください!

ソラコム 大槻

安川情報システム株式会社様の MMCloud が SORACOM Funnel に対応

こんにちは、ソラコムの松井です。

本日、SORACOM 認定デバイス MMLink-3G / MMLink-Liet 3G を販売している安川情報システム株式会社様が、SORACOM Partner Spaces 認定ソリューションパートナーに認定されました。 そして、同時に SORACOM Funnel から SORACOM Partner Spaces の認定ソリューションパートナー様のサービスにデータを直接送信出来る Partner Adaptor の新たな対応サービスとして、安川情報システム株式会社様の「MMCloud」が加わりました! 従来 MMCloud を利用する際には SORACOM Beam を使った連携が行えましたが、今回 Funnel に対応したことにより一層密接な連携が行えるようになりました。

MMCloud とは

ロゴ

IoT/M2M関連技術を用いて収集した機器の稼働情報を蓄積し、関連する様々な情報を管理・見える化・分析・アラーム通知が可能なIoTクラウドサービスです。 詳細については、下記の製品情報ページをご参照ください。

画面イメージ

イメージ2 イメージ3 イメージ4

ご利用方法

MMCloud への接続に使用する認証情報と、接続先ホスト名およびポート番号を設定するだけで、すぐにご利用することが可能となります。 デバイスからは funnel.soracom.io の 23080 ポートにデータを送信するだけで、MMCloud にデータが送信されます。

設定画面

funnel設定

credentials設定

さいごに

今後も様々なサービスに対応していく予定ですので、ご期待ください。

SORACOM グローバル向け Air SIMでLTEサービスの提供を開始します!

こんにちは、ソラコムBDの大槻です。 久しぶりの投稿です。たまにはLPWAネタ以外を書きたいと思います。

本日よりSORACOM グローバル向け Air SIMにてLTEのサービス提供を開始します。 これまでご提供していたGSM/3Gに加え、LTEについてもご利用頂けるようになりました!

plna01-lte

SORACOM グローバル向け Air SIMとは?

日本を含む全世界でご利用頂けるSIMカードです。日本向けSIMでもご提供していたソラコムの各種サービスに加え、SMSのAPI連携やSIMのローカル情報取得、柔軟な回線状態の管理などが行えるIoT向けのユニークなSIMカードです。

LTEが使えるエリアは?

本日より米国、カナダ、ベルギー、チェコ、デンマーク、イタリア、フィンランド、フランス、ギリシャ、ルクセンブルク、ノルウェー、ポルトガル、スイス、シンガポール、トルコ、オーストリア、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、ニュージーランド、ロシア、南アフリカ、スペイン の23ヵ国でご利用頂けます。 今後対応国については順次拡大予定していきますので、詳細については下記サイトをご参照ください。 https://soracom.jp/services/air/cellular/price_global/

日本は使える?

もう少しお待ちください!3Gについては従来通りご利用頂けます。

料金は?

従来のSORACOM グローバル向け Air SIMと全く変わりません。plan01s、及びplan01s Low Data Volumeの料金プランをそのままご利用頂けます。

端末は?

各国通信事業者様の運用周波数(Band)に合っていればそのままご利用頂けます。各国におけるローミング先事業者については弊社までお問い合わせください。

最後に

昨年10月のグローバル向けAir SIMのローンチ時点でソラコムの加入者管理交換機はHLR(3G)/HSS(LTE)両対応で設計しておりましたが、実際に各通信事業者様との接続試験を行う中では多くの課題に直面しました。それでもエキスパートなエンジニア陣のお陰で、一つ一つ試行錯誤をしながら相互接続をクリアしていき、3Gサービスローンチから半年強でLTEについても無事にサービスを開始することができました。今後もエリア拡大や新サービスを拡充していきますので是非ご利用ください!

ソラコム 大槻

SORACOM Inventory に新機能を追加してPublicリリースしました!!

みなさま、こんにちは。ソラコム江木です。 本日、SORACOM Inventoryを大幅に機能追加してPublicリリースしました。 これまではLimitedPreviewとして、ご申請をいただいたお客様を対象に限定してご提供しておりましたが、本日よりどなたでも、もちろん1台からInvetoryをご利用いただけます!

そもそもSORACOM Inventoryとは

SORACOM Iventoryとはデバイス管理サービスです。 SORACOMといえば、IoT 向けのセルラー通信 SIM “Air SIM” を提供するSORACOM Airをイメージされるかとおもいます。Inventoryは、SIMや通信の管理とは異なり、IoTデバイスを管理します。

どんなデバイスを管理するのか?というと、OSがLinuxであるデバイス、加えてJava用のクライアントエージェントが動けば動作します。もちろん、インターネットに接続できることが必要です。

当サービスは、SORACOMのサービスをお使いいただいているお客様から、大量のデバイス毎にリモートからログインすることなく、デバイスの稼働状況や電波状態、バッテリー残量等を一元管理したい、デバイスの再起動やプロセス再起動などリモートからコマンドを実行したいという要望から生まれたサービスです。

SORACOM Inventoryのデバイス管理とは

Inventoryでは、OMA LightweightM2M(LwM2M)と呼ばれるデバイス管理のため軽量の M2M 用プロトコルを利用しています。デバイスとLwM2Mでは定義済みのモデルがあります。(リソースモデルといいます)

以下のような形式でモデルが定義されています。(ソラコムのユーザーコンソール)

詳しいモデルの定義は、LwM2M Object Registoryをご覧ください。

そして、InventoryではデバイスとSORACOMプラットフォームで通信を行い、APIやユーザーコンソールから、

  • デバイスのデータの読み書き(Read, Write)
  • コマンドの実行(Execute)をリモートで行う
  • デバイス情報の更新通知を受け取る(Observe, Unobserve)

さらに今回、新機能として、

  • デバイス情報をSORACOMアプリケーションサービス(Beam、Funnel、Harvest)と連携することができるようになりました!
  • カスタムオブジェクトの定義に対応しました!

SORACOM アプリケーションサービスを使用したクラウド連携

Observe(デバイスの情報に更新があれば更新された情報を通知する)したデータをBeam, Funnel, Harvestと連携することができます。 例えば、電波強度を Observe しておき、SORACOM Harvest に送ることで電波強度の推移を確認することができます。 また、SORACOM Beam、SORACOM Funnelを使用することで、お客様のサーバーやクラウドサービスにデータを送信することが可能です。

お客様は、デバイス情報のこれまでの変化を確認することができます。

カスタムオブジェクトの定義

Inventoryでは、LwM2Mをベースにしています。LwM2Mでは、LwM2M Registryに多くのリソースが定義されていますが、独自に定義することができます。これをカスタムオブジェクトと呼びます。 カスタムオブジェクトはXML, JSONで定義します。

料金

Inventoryをよりご利用しやすように料金体系も見直しています。 Inventoryの料金は、デバイス登録料と月額費用があります。

  • デバイス登録料:1デバイス 100円/台・回
  • 月額料金:
    • 1デバイス 50円/台・月 
    • 1,000〜4,999 アクティブデバイス : 45円
    • 5,000〜9,999 アクティブデバイス : 40円
    • 10,000〜 ご相談ください。

    • 月額料金には、1デバイスあたり100,000イベントまでの料金を含みます。イベントとはデバイス-Inventory間のメッセージのやりとりです。

毎月150円分の無料利用枠がありますので、ぜひお試しください。

新発表まとめ

Inventoryの新発表をまとめます。

  • デバイス情報をSORACOMアプリケーションサービス(Beam、Funnel、Harvest)と連携することができるようになりました!
  • カスタムオブジェクトの定義に対応しました!
  • 新しくご利用しやすい料金体系になりました。
  • そして、Public Betaとしてリリースしました!

ぜひご利用ください!

参考情報

Wio 3G SORACOM Edition を発表しました!

ご好評いただいているSeeed社が開発しているマイコンモジュールWio LTE JP Versionの新しいエディションを追加します! 本日より、Wio 3G SORACOM Editionの発売を開始しました。

Wio 3G SORACOM Editionの発売を開始しました。

(ちなみに、従来より扱っている)Wio LTE JP Version

Wio LTE JP Versionは、Seeed社が開発しているマイコンモジュールで次のような特徴があります。

  • Groveコネクター搭載
  • Arduino IDE互換
  • ARMベースのSTM32F4マイコン
  • LTE通信モジュール搭載

これに対して、本日発売開始するWio 3G SORACOM Editionは以下のような特徴があります。

  • (これまで同様に)Groveコネクター搭載
  • (これまで同様に)Arduino IDE互換
  • ARMベースのMCUを高性能化/メモリ容量増(STM32F439)
  • Quectel UG96を搭載 (日本を含むグローバルで利用可)
    • 800/850/900/1900/2100MHz@3G(UMTS) 850/900/1800/1900@GSM
  • なんといってもグローバル向け 3G/GSM モジュール搭載
  • なんといってもチップ型 SIM を搭載

グローバル向け Air SIM のチップ型SIMが搭載されているところが嬉しいところです。 海外でも使える、というだけでなくグローバル向け Air SIM の料金体系が適用されます。グローバル向け Air SIMでは、plan01s, plan01s-LDVの2種類のプランを選択できます。

plan01sでは 0.06 USD/日からご利用いただけます。 plan01s-LDVは、データ通信量の少ない用途向けに最適化された料金体系で 月額 0.4 USD(約45円)からご利用いただけます。

さらに使用しない場合は、利用開始待ち、利用中断中の状態にすることで基本料金がかかりません。(ただし、「利用開始待ち/利用中断中」から「使用中/休止中」状態への変更 1 回につき、アクティベーション料金(1.8 USD) が発生しますのでご注意ください。) よりIoT向けの料金プランになっています。

Wio 3G SORACOM Editionはグローバル向けユーザコンソール内で本日から販売開始しています。(料金 98 USD、税別、送料別) Wio LTE JP Versionと同様にGrove IoT スターターキット for SORACOM(Wio 3G SORACOM Edition)も5月中旬に販売開始予定です。7種類のセンサー、5 USD のクーポンが含まれます。様々なセンサーを使って、簡単に IoT の仕組みを構築いただけます。

どうぞご活用ください!

ソラコム nori 江木

ソラコムプラットフォームがMFA (多要素認証) と新SAM記法をサポートしました

こんにちは。ソラコムエンジニアの川上 (moz) です。そして私はmoznionでもあります。

本日はセキュリティに関するリリーストピックが2つありそれをブログをしたためている次第です。こうして皆さんにお伝えできることに、私はたいへん興奮しています!

トピックは以下の2つです:

  • Email addressとPasswordを用いた認証においてMFA (Multi-Factor Authentication/多要素認証) に対応しました
  • 新しいSAM記法 pathVariable()samUserName をサポートしました

Email addressとPasswordを用いた認証においてMFA (Multi-Factor Authentication/多要素認証) に対応しました

表題のとおり、Email addressとPasswordを用いた認証においてMFAに対応しました。RFC 6238で定義されている時間ベースのワンタイムパスワード (TOTP) を利用しています。

ルートアカウントでログインしている場合、ユーザーコンソールの右上のメニューから「セキュリティ」を選択すると……

context_menu

「多要素認証」というメニューが追加されています。

security_page

あとは本能の赴くままにクリックしていくと……どうでしょう、QRコードが出てくるではありませんか。

qrcode

これをGoogle AuthenticatorなどのMFAアプリで読み込み、出てくる認証コードを入力すると……おめでとうございます!! MFAか有効となりました。

なおこの時に表示されるバックアプコードは 必ず 保管して下さい。無くすと万が一の時にMFAを無効化できなくなります!

試しに認証をしてみましょう。

login

はい (SORACOM Discovery よろしくお願いします)。

otp

有効になっています、よいですね (SORACOM Discovery よろしくお願いします)。

api

もちろんAPI経由でもご利用いただけます。やりましたね。

MFA機能の詳細につきましては以下のドキュメントをご参照ください。

新しいSAM記法 pathVariable()samUserName をサポートしました

さて上級者の間でコアな人気を博しているSAMですが、この度新しい記法である pathVariable() 関数と samUserName 変数がサポートされました。

それぞれ説明していきましょう。

pathVariable() 関数はAPIのパス定義にあるプレースホルダーの値を取ってこれる関数となります。 例えば、API定義が PUT /operators/{operator_id}/users/{user_name}/password のAPIに対して、 PUT /operators/OP9999999999/users/IoT-TARO/password として呼び出されたとき、 pathVariable('operator_id')OP9999999999 となり、 pathVariable('user_name')IoT-TARO となります。

もう一方の新記法 samUserName 変数はその名の通り、SAMユーザー自身の名前が入っている変数です。 例えば IoT-TARO という名前のSAMユーザーでログインしているとしましょう。その場合、 samUserName には IoT-TARO が入ることとなります。

この2つを組み合わせると非常に強力な条件を書けるようになります。例えば以下のようにSAMパーミッション構文を書くと……

1
2
3
4
5
6
7
8
9
{
  "statements":[
    {
      "effect":"allow",
      "api": "User:updateUserPassword",
      "condition": "pathVariable('user_name') == samUserName"
    }
  ]
}

SAMユーザーが自分自身のパスワードのみを変更することを許可できる (つまり、他SAMユーザーのパスワード変更処理は拒否する) ようになります。今までできそうでできなかった権限管理ですね。このような権限設定についてはたびたびご要望いただいていたのですが、このたびようやっと機能をお届けすることができました!

このSAM記法の更に詳しい情報につきましては以下のドキュメントをご参照ください。

https://dev.soracom.io/jp/docs/sam_permission/

というわけで今回は2つのセキュリティ関連の機能リリースについてお伝えいたしました。どうぞご利用ください!

ソラコム 川上 (moznion)

SORACOM Harvest で位置情報データをサポートしました

こんにちは、自分のために Nintendo Labo を買ってしまった yuta です。

今日は SORACOM Harvest が位置情報をデータをサポートしたという速報です。 これまでも SORACOM Harvest で位置情報を扱いたいというお声をいただくことがありました。今回ついにそれにお応えすることができました。 それでは、詳細を見ていきましょう。

使い方

まずは、"lat (または latitude)“, "lon (または longitude, lng, long)” を含むデータを SORACOM Harvest に POST してださい。 WioLTE のスターターキットには、GPSセンサーが入っているので、これを使うことができます。 WioLTE のサンプルスケッチが参考になりますので、ぜひチャレンジしてみてください。後日、SORACOM + WioLTE の GPS 対応スケッチを公開する予定です。

ユーザーコンソール から、SORACOM Harvest のページにアクセスすると、グラフ選択画面にピンのアイコンが追加されています。

chooser

これを選択するだけで、データが地図上にプロットされます。

map

ピンをクリックすれば、プレビューでデータの詳細を確認することもできます。緯度経度だけでなく、他のデータもあわせて送ると確認が簡単ですね。 緯度経度のデータは、画面上から CSV 形式や JSON 形式でダウンロードすることができます。

まとめ

今日は SORACOM Harvest が位置情報データに対応したよ、というお話でした。 現状では地図上にプロットができるというシンプルな機能にとどまっていますが、これからもユーザーの皆様の声を伺いながら開発を進めていきますので、ご期待ください。

清水

SORACOM Iconset に新アイコンが追加!

SORACOMアイコンセット

ソラコムの田渕です。SORACOMを使った構成図に欠かせないのが、「SORACOM Iconset 」です。 アイコンセットは、SORACOMが関連する図であれば、どなたでも利用でき、ウェブサイトで公開されています。

そして、本日「SORACOM Iconset 」がバージョンアップ!新アイコンが登場です。今回のアップデートは、プロトタイプデバイスやセンサー、そしてこれから急速に利用が増えていきそうなチップ型SIM(eSIM)や機械学習のアイコンが新登場。今回の「SORACOM Iconset 」の新アイコンを少しご紹介します!

プロトタイプデバイスと、センサー

今日発表になったWioデバイスのアイコンが新登場。さらに、「Grove IoTスターターキット」に含まれる7つのセンサー、これらが表現できるようになり、プロトタイプ開発の構成図が書きやすくなりました! device and sensor

 IoTデータが蓄積したら機械学習

いよいよIoT活用においては、データの分析が本格化してきています。それに合わせて、「機会学習エンジン」と「機械学習モデル」、そして死活監視や予兆検知などを表すグラフの種類が増えました。 machine learning

SORACOM funnelのアダプタ

個人的に欲しかったアイコンです。そして、SORACOM Funnelの漏斗的なデザインがそのままコンセントのようなデザインに取り入れられていてかっこいい。お気に入りのアイコンです。 soracom funnel adaptor

グローバル化を見据えた通貨

今までなぜか円マークしかなかったのですた、このたび$と€が登場。グローバルで金額を表現しやすくなりました。 currency

 そして今回のおまけアイコンは???

毎回、このアイコンはどう使うんだろう?と思わせるようなアイコンが混じっています。前回のアップデートのテーマは「宇宙」でしたが、今回のテーマは・・・「冒険」。どんなアイコンが追加されたか見つけてみてください。

SORACOMアイコンセット

ぜひIoTシステム構成図を書いてみてください! https://dev.soracom.io/jp/docs/sis/

ソラコム 田渕