SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

SORACOM が実践している非同期コミュニケーション

こんにちは、エンジニアの清水です。 今回は、ソラコムが日々実践している非同期コミュニケーションについて、紹介してみようと思います。

ソラコムでは、メンバーの働く場所について制限がありません。 いつ、どこで働くかは本人の裁量に任されています。

家や近所のコワーキングスペースで仕事することもできますし、子供を保育園に送ってから出社したりすることもできます。 単純に、通勤ラッシュを避けるオフピーク通勤や、通勤時間がもったいないから今日は家で頑張る、ということもできます。 あくまで本人が責任と主体性を持って仕事に取り組むことが前提になっている(出社していることを言い訳にできない)ので、それなりの緊張感は伴いますが、組織のステージに合ったいい制度だなと思っています。

このワークスタイルで課題になるのが、コミュニケーションの方法です。 リモートワークを経験されたことがある人なら心当たりがあるかもしれませんが、物理的に離れたメンバーと意思疎通をするのは大変です。

その課題を解決するために、以下のようなことを取り入れています。

Slack を使った ChatOps

ソラコムでは社内のやりとりにはメールを使わず、Slackを使っています。 メールに比べてストレートなやりとりができるので、コミュニケーションのコストを削減できます。 デメリットとしては、チャットが気になって仕事に集中できないときがあることですが、以下のような対策をしています。

  • スヌーズを使う
  • 見て欲しいときはちゃんとメンションをする。メンションされてなければ基本的にスルーしてよい
  • チャンネルを細かくわけて、話題、参加者を絞る

Slack は Single-Channel-User という1つのチャンネルだけに所属できるユーザーを追加する機能があるので、これを使って一部の取引先ともSlackでやりとりをしています。 社内規則上使っていただけない会社もありますが、Slack でやりとりしたほうが早く物事が進むので、とても助かっています。

Slack には複数の bot を飼っています。外部サービスと連携する webhook も大量に設定して、必要な情報が集約されるようにしています。 オフィスの会議室の予約状況や冗談をつぶやいてくれる ソラコ(秘書)や、

ソラコ

チームメンバーを称えたいときなどに使うソラオはチームの雰囲気作りにも一役買っています。

ソラオ

Geekbot を使った非同期 Sync

お互いが何をやっているかを把握するために、ソラコムでは毎日11:00から Sync という名前で Meeting を行っています。 リリース前はメンバーがだいたい会社に居たので、スクラムで行われる Standup meeting を実施していました。

しかし、メンバーが増えて時間がかかるようになってきたこと、営業メンバーやリモートワーカーが増えて、オフィスに集まれなかったり、同じ時間にリモートで参加できなかったりして、効率が下がっていきました。

そこで、非同期に Sync をするためのツールである、 Geekbot を導入しました。

Geekbot

Geekbot は Slack の bot が毎日決められた時間に各メンバーにプライベートチャットで報告を促してくれます。 メンバーはそれに答えるだけで、報告が完了します。

Geekbot

Sync は各自報告をする場から、各自が事前に書いた報告を参加者全員でモクモクと読み、その後、Slack call で気になったところを議論する場に変わりました。 これによって、時間が合わず参加できなかったメンバーも各メンバーの動きを知ることができるようになったし、Sync の時間もかなり短縮することができました。

Geekbot

2週間のイテレーション開発

ソラコムでは2週間のイテレーションで開発期間を区切っています。 イテレーションの初日には、リリース報告会&プランニングMTGをして、全メンバーに2週間の成果を報告し、このイテレーションで開発するものを決めています。 最終日には開発メンバーで2週間の開発内容を確認し、問題がないかをチェックしています。

また、最終日は Happy Hour と称して、夕方から軽食を囲んで、2週間のねぎらいをしています。 リモート勤務が多いメンバーも、この日はなるべく集まれるようにしています。 自由参加なので、一杯飲んでから他の集まりに出かけたり、家に帰ったり、作業に戻ったりと、各自好きなようにしています。 なかなか忙しくて全員集合することはありませんが、チームが大きくなっても続けていきたい習慣だなと思います。

ちょっとした相談事や、ブレストをしたりするのに良い場になっています。

happy hour

まとめ

今回はリモートワークを中心としたワークスタイルについて紹介してみました。 試行錯誤しながら、組織の変化に合わせて調整しています。 まだ語り足りない部分もありますので、また定期的に、ご紹介できればいいなと思います。

告知

7/13 には自社開催イベントの SORACOM Conference Discovery が予定されています。 こちらはご好評につき、申し込みを締め切らせていただきました。 ナイトイベントのSORACOM UG #3 はまだチケットがあるようですので、お早めに!

皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

ソラコム 清水

SORACOM認定デバイス TREL 3G-R 3G自動撮影カメラが追加されました

SORACOM 認定デバイスに、株式会社 GISupply 様の3G自動撮影カメラ「TREL 3G-R」が追加されました。

新たに認定デバイスとなった「TREL 3G-R」です。

TREL 3G-R

製品名にあるとおり 3G 通信の追加自動撮影カメラです。 赤外線センサーで人や動物などの動きを感知して自動撮影して、撮影した画像をメールで送信したり、モバイル端末や PC を使い、遠隔で状況を確認することもできます。

モバイル通信機能のある自動撮影カメラとしては、金額もおさえています。(料金は、こちらからご確認ください。)

中身はこのようになっており、電池が12本まで入ります。

TREL 3G-R

現状、SORACOM 認定デバイスは、TREL 3G-R を含め、42 台のデバイスがあります。 SORACOM 認定デバイス から確認することができます。

ソラコム 江木

SORACOM認定デバイスにLTE/3Gルーター「MR-GM3-D」が追加されました

SORACOM 認定デバイスに、マイクロリサーチ様の LTE/3G ルーター「MR-GM3-D」が追加されました。

MR-GM3-D

無線 LAN が 2.4GHzだけでなく、5GHz(11AC含む)に対応していることが特徴です。 また、USB ポートもありますので、内蔵 LTE/3G モジュールと USB ポートによるインタネット接続や有線 WAN との冗長化も容易に実現できます。

普段は、有線インターネット回線を使い、バックアップ回線として SORACOM Air を使用するといったことも可能です。

また、マイクロリサーチ社のエンジニアが開発されているので、カスタマイズやOEM提供にも柔軟に対応されるとのことです。

設定画面も、このようにわかりやすくなっています。

MR-GM3-D

SORACOM 認定デバイスとは、SORACOM による動作検証済みのデバイスです。 続々と追加しておりますので、こちら よりご覧ください!

ソラコム 江木

SORACOM Canal の Getting Started を公開しました

先日、Canal VPG をユーザーコンソールから設定いただけるようになり、SORACOM Canal をより簡単に始められるようになりました。

今回、当 Canal を使用してプライベート接続を始めるための Getting Started ガイド「SORACOM Canal を使用して閉域網で接続する」を公開しました。

AWS の 仮想プライベートクラウド環境 や EC2 インスタンスの作成からのガイドとなっています。ぜひ、Canal を設定し、お使いのスマートフォンやデバイスから、インターネットを介さないプライベートアドレスでの接続をお試しください!

なお、VPG や VPC ピア接続の作成には費用がかかりますので、事前に料金ページをご確認ください。また、AWS の EC2 インスタンスにも少しの費用がかかります。こちらも合わせて、AWSの料金ページでご確認ください。

ソラコム 江木

SORACOM リファレンスアーキテクチャを公開しました

このたび、SORACOM リファレンスアーキテクチャを公開しました。リファレンスアーキテクチャとは、よくあるユースケースと典型的なシステム構成をまとめた資料です。ユースケースを入り口としてシステム構成を逆引きできるようになっています。

reference-architecture-sample

今回公開したのは、「プリペイド SIM の課金システム(キャプティブポータル)」「業務用車両の位置情報管理システム」、「生産機械の監視システム」の 3つのアーキテクチャです。いずれも SORACOM サービスの利用例としてよく紹介されるものですが、具体的な構成例やデータの流れを一覧できる形で改めてまとめました。

「各サービスの機能だけでなく、具体的な構成例を知りたい」、「システムを作りたいけれど、どのように構築すればいいか分からない」といったお悩みを解決することに役立てば幸いです。今後も随時コンテンツを追加していく予定ですので、リクエストやフィードバックがありましたらどしどしお寄せください!

ソラコム 冨田

SORACOM認定デバイスに F+ FS020U が追加されました。

SORACOM 認定デバイスに、富士ソフト様の USB ドングルF+ FS020Uが追加されました。

F+ FS020 は、LTE/3G 対応の USB ドングルで、Windows 10 (32/64ビット) や Mac OS X v10.8 ~ v10.10 (64ビット)にも対応しています。製品仕様はこちらを参照ください。

大きさは、↓ くらいです。

AMOS-825

USB 接続部が 270 度回転可能するのも使い勝手のよいところです。

製品に同梱されている接続ツール(FS020U Data Connection Manager)を使用して、APNを設定するだけですぐに接続できます。

AMOS-825

通信速度 2Mbps の速度クラス「s1.fast」で、ほぼ 2Mbps の速度がでています。

安定のs1.fast!

AMOS-825

* 以下のサイトで測定させていただきました。 http://www.musen-lan.com/speed/

SORACOM 認定デバイスとは、SORACOM による動作検証済みのデバイスです。 続々と追加しておりますので、こちら よりご覧いただけると幸いです!

ソラコム 江木

Canal VPG をユーザーコンソールから設定いただけるようになりました

先日、APIを公開して Private beta としての提供を開始した SORACOM Canal がユーザーコンソールからも設定いただけるようになりました。

設定画面1

設定画面2

SORACOM Canal はお客様のAmazon VPC とソラコムのネットワークを閉域網接続することにより、モバイル回線を使ってセキュアな通信を安価にご利用いただけるサービスです。

SORACOM Canal のご利用に必要な VPG (Virtual Private Gateway) や VPC ピア接続の作成や削除、Canalを利用するSIMグループの設定がさらに簡単になりました。この機会にぜひお試しください。

なお、VPG や VPC ピア接続の作成には費用がかかりますので、事前に料金ページをご確認ください。

ソラコム 清水

SORACOM認定デバイスに ARTiGO A-820 が追加されました。

SORACOM 認定デバイスに、VIA Technologies 様の企業用 IoT ゲートウェイシステム「ARTiGO-A820」が追加されました。

ARTiGO-A820 は、超軽量ファンレス企業向け IoT ゲートウェイシステムです。インターフェースが充実しており、LAN は2ポート、これ以外にもMini HDMIポート、RS-232/485 COMポート、8ビットのGPIOに対応するDIOポート、3つのUSB 2.0ポートが提供されています。

ARTiGO-A820

ARTiGO-A820

VIA Technologies 様のデバイスでは、すでに AMOS-820AMOS-825 が SORACOM認定デバイスとして登録されています。ARTiGO-A820 は、このうち AMOS-820 と内蔵している無線モジュール、メインボード等は同様です。主な違いは、上に挙げたインターフェースで、特にLANポートが2つあることと、また、シリアルにおいては絶縁対応されています。 絶縁対応は、医療機器向けには特に要求される部分となっており、実際にARTiGO-A820は、M2M / 医療向けゲートウェイサーバーとしての実績が多くあります。

現状、SORACOM認定デバイスは、当 ARTiGO-A820 を含め、たくさんのデバイスがあります。こちら よりご覧いただけると幸いです!

※ SORACOM 認定デバイスとは、SORACOM による動作検証済みのデバイスです。SORACOM Air の SIM は、SIM フリーのデバイス、もしくは NTT ドコモのネットワークに対応しているデバイスで使用することができますが、SORACOM でも実機をもって検証し、通信できることを確認したデバイスになります。

ソラコム 江木

AK-020ドングルSORACOMスターターキット5,980円で販売を始めました!

みなさんこんにちは、ソラコムの熊崎です。

2016年5月11日に、エイビット社製のドングル AK-020 を4,980円にて発売を発表させていただきました。

販売開始後、大変ありがたいことに多くのお客様に購入いただいております。

そして何と今回は、このAK-020のドングルをみなさんにより使っていただきたく、「AK-020 SORACOM スターターキット」をAmazonにて5,980円で販売することが決まりました!

AK-020 SORACOM スターターキットの中身

AK-020 SORACOM スターターキットの中身

本キットには、AK-020のドングル、SORACOM Air SIM(ナノサイズ・SMSなし)、SIMアダプターそしてさらに通信量に充当する1,000円分のクーポンが含まれています。1,000円分の通信量であれもこれも試せちゃいます😉

クーポンの登録はこちらをご参照ください。

ラズパイをすでにお持ちの方は、SORACOM Air を入れたドングルをラズパイに挿していただくだけですぐに電子工作が始められます!SORACOMの大人気超音波センサーハンズオンのテキストも揃ってますので、是非お試しください。

またちょうど先日まで、SORACOM 使ってみたリレーブログを行ってました。こちらにも、何かやってみたネタが揃ってますので是非ご覧ください。

※注意※ クーポンにも有効期限がありますので、ご購入された際にはお気をつけください。

皆様のご購入お待ちしてます〜!

ソラコム 熊崎

SORACOM認定デバイス LTE/3Gルーター CPRN-NLW が追加されました

SORACOM 認定デバイスに、日立産機システム様のLTE/3Gルーター「CPRN-NLW」が追加されました。

SORACOM 認定デバイスとは、SORACOM による動作検証済みのデバイスです。 SORACOM Air の SIM は、SIM フリーのデバイス、もしくは NTT ドコモのネットワークに対応しているデバイスで使用することができますが、当社にて実機をもって検証し、通信できることを確認したデバイスになります。

現状、SORACOM 認定デバイスは、CPRN-NLW を含め、38 台のデバイスがあります。 こちら より確認することができます。

今回、新たに認定デバイスとなった LTE/3G ルーター「CPRN-NLW」です。

CPRN-NLW

特徴は、JIS E4031 に準拠されていることです。JIS E4031 は鉄道車両用品における振動・衝撃の規格で、振動試験や衝撃試験をクリアする必要があります。 また、外部インターフェースは、LAN ポート2つ、Wifi(IEEE 802.11b/g/n)、シリアルポートで AT コマンドを使用することも可能です。

CPRN-NLW

なお、認定デバイスでの検証は、SORACOM Air で通信できることだけでなく、SORACOM Beam といった SORACOM のサービスが使用できることも確認しています。以下は、当社が用意している SORACOM Beam のテスト用サーバー(https://beamtest.soracom.io)にアクセスした結果です。

Beam

Beam によって付与された IMEI、IMSI、Signature などを確認することができます。 ちゃんと動作していますね!

SORACOM Beam、およびテスト用サーバーの利用方法は、SORACOM Beamを使用して安全にデータを送信するをご確認ください。

今後は、認定デバイスが追加されると当ブログで紹介したいと思います!

ソラコム 江木