SORACOM Blog

ソラコムの最新情報をお届けします

ユーザーコンソールからSIMローカル情報レポートを確認できるようになりました。

こんにちは、ソラコム グロースエンジニアの江木です。

これまで API からのみ取得できていたSIMローカル情報レポートが、ユーザーコンソールからも確認できるようなりました!

そもそも「SIMローカル情報レポート」とはなにかご存じでしょうか? 10月11日に「【新発表】 ソラコムがSIM認証基盤(HLR)を独自実装、eSIM提供を開始。Web APIを通じて、SIMのライフサイクルをより柔軟に管理可能に」 を発表しました。 この発表の主なポイントは、以下のとおりでした。

  1. IoT向けの新料金体系を提供開始、通信しない期間は無料、APIを用いたより柔軟な回線管理が可能に
  2. カード型の SIM に加えて、機器への組み込みが可能なチップ型 SIM (Embedded SIM)の提供を開始
  3. 「SORACOM」独自のアプレットを組み込んだ SIM を提供
  4. IoT/M2M 機器に適したセキュアな SMS サービスの提供を開始 (Public Betaリリース)

新たに Plan01s というSIMを発売開始しており、使用しない時期は、「利用開始待ち」や「利用中断中」のステートにすることで、0.06$の基本料金がかからなくなります。(利用中に戻す際にアクティベーション料金が発生します。)

今回ユーザーコンソールからも確認できるようになったSIMローカル情報レポートは、上記の 3.「SORACOM」独自のアプレットを組み込んだ SIM を提供 に関連するものです。

SIMカードの中には、実は OS があり Java アプレットを実行することができます。 ソラコムでは、この SIM カード内部に Java アプレットのコードを書き込むことで SIM に対する機能拡張を実現する「SORACOM SIMアプレット」を提供しています。この仕組みを使って最初に提供したアプレットが、「SIMローカル情報レポート」となります! ロケーション情報、IMSI、ICCID、IMEI、SIMのバッテリー情報を取得することができます。

SIM ローカル情報取得の流れ

操作方法は以下のとおりです。 グローバルカバレッジを選択します。

詳細をクリックします。plan01sのSIMであることに注意してください。

以下のように表示されますので、「レポートを取得」をクリックします。これにより、レポートの取得要求をデバイスに送信します。

レポートが取得できると以下のように表示されます。

注意点

  • 現状では、対応しているデバイスの種類なども限られ、Public Betaでの提供となります。今後、お客様のフィードバックをもとに拡張していく予定です。
  • グローバルカバレッジのplan01s が対象となります。
  • BIP(bearer independent protocol)に対応しているデバイスが対象となります。今回は、iPhone/iPad で動作を確認しています。

ぜひお試しください!

江木