1月の IoT 記事まとめ

2019/02/26

皆さんこんにちは、ソラコムnaoです。 2019年がスタートしてから早2ヶ月が経とうとしていますね!少しずつ暖かさを感じる日も出てきて春が待ち遠しいです。さて、遅くなりましたが、1月のIoTやってみたBlog、SORACOMをご紹介していただいてるBlogを早速ご紹介させていただきます。電子工作の情報収集源としてもご利用ください😊

SORACOM LTE-M Buttonのハンズオン@JAWS-UG名古屋

1月はAmzon Web Services のコミュニティである JAWS-UG と SORACOM UG 共同開催のイベントが2回名古屋と大阪で開催され参加した方が参加blogを書いてくださいました。 購入を悩まれる方には、一度触って見ることができるいい機会だったようです^^

SORACOM AWS LTE-M ButtonでRaspberry Piを操作してみた

同じくJAWS-UG名古屋とSORACOM UG 東海のイベントに参加した方の記事です。イベントにて購入したSORACOM LTE-M Buttonを使い、ボタンの押し方でRaspberry Piに綱がるLEDの色が変化する仕組みを作っていただいてます。Raspberry Piとの連携ができれば、様々なセンサーのコントロールもできそうですね!

SORACOM LTE-M ButtonとAmazon Connectで助けてボタンを作った

家族のSOSを伝えるために、SORACOM LTE-M Button と Amazon Connect を連携し、ボタンを押したら指定した電話番号に電話がかかる仕組みを作っていただいてます。他の用途でも役立つボタンを押したら電話がかかる仕組み、必見です。

mruby/cで始めるオリジナルIoTデバイス作り

こちらの記事では、mrubyから派生して生まれたmruby/cと LTEモジュールの Wio LTE を使い超音波センサーのデータを SORACOM Harvestに表示しています。mruby/cを使ったIoT電子工作を検討されている方は必見の内容です。

Sens’it に市販の USB ソーラーパネルをつなげて IoT システムを組んでみる

Sigfoxに繋がり温湿度、照度センサー、振動検知などのセンサーが内蔵されているSens’it デバイスに、ソーラーパネルを取り付け、電源環境を機にすることなくセンシングデータを収集する仕組みを作っています。IoT システムを作る上での課題として残る電源問題を解決! センシングしたデータはSORACOM Harvestで可視化をされています。

soracom-cli をワンライナーで更新する

ソラコム エバンジェリストの松下が、soracom-cli の更新Tipsをご紹介してます。

デバイスシャドウの実装 (Wio LTE + SORACOM Beam)

AWS IoT Device SDK が対応していない Wio LTE デバイスでデバイスシャドウが実装できるようにするため、SORACOM Beam を利用する方法をソラコム 松下がご紹介してます。ぜひご覧ください。

SORACOM Endorseの認証の仕組みを理解する

SIM の情報を外部のサービスのユーザー認証やデバイス認証に利用することができるサービスの SORACOM Endorseを利用してSIMの認証を外部サーバーの認証と連携するでもアプリケーションを作成し、各ノードの役割についてまとめていただいてます! SORACOM Endorse ってどう使えるのと疑問をお持ちの方はぜひご覧ください。

技術者向け SORACOM Developer Seminar 〜IoTエンジニアへの第一歩〜

日時:2019年3月26日(火)15:00 - 17:00(14:30受付開始)

場所:東京都港区虎ノ門2丁目10-1 虎ノ門ツインビルディング西棟3階 KDDI DIGITAL GATE

アジェンダ

  • IoT プラットフォーム SORACOM サービスを使った開発/導入の進め方
  • 今すぐスタート!IoTシステム開発のポイントとSORACOM活用術 対象者:
  • IoT通信プラットフォームSORACOMのサービスを全て知りたい方
  • 自社またはお客様のIoTプロジェクトを推進するエンジニアの方
  • IoTを推進していくための技術について情報収集されている方
  • IoT にこれから取り組むエンジニアの方
  • IoT システム構築でつまづくポイントを前もって学習したい方

過去の IoT 記事まとめリンク

ソラコム nao


Posted by nao at 2019/02/26